【PR】

「科学漫画サバイバル」シリーズと、「ジュニアエラ」「AERA with Kids」は、地球の未来について考える「カーボンニュートラルのサバイバル」プロジェクトを立ち上げました! QuizKnockのメンバーとオンライン上で一緒に学んだり、「科学漫画サバイバル」シリーズのスペシャルブックでクイズに挑戦したりしながら、「カーボンニュートラル」のことをもっと知ろう!

カーボンニュートラルとは?

ひと昔前に比べて、地球の気温が年々上がっているって知ってる? 地球温暖化という現象なんだけど、気温が高くなると海水面の上昇や動植物への悪影響、ゲリラ豪雨を引き起こすなど、地球環境に深刻なダメージをもたらすんだ。 この原因となっているのが「温室効果ガス」。 太陽からの熱を閉じ込めて、温室みたいに地球を暖めるガスのことで、具体的には私たちの生活から生まれる二酸化炭素(CO2)やメタン、フロンなどのことなんだ。なかでも二酸化炭素は、多くの国で多く排出され、地球温暖化に最も悪影響を与えているんだ。もはや(二酸化)炭素=カーボンが出ることは誰も止められない。でも少しでも減らすこと、吸収・除去することでプラスマイナスゼロ(=ニュートラル)を目指すことはできる。 つまり、「カーボンニュートラル」とは、みんなの努力で温室効果ガスの出る量と吸収されたり取り除かれたりする量を差し引きゼロにしようという考え方。 地球温暖化をストップさせるために、世界が共通で掲げている目標なんだ。

「カーボンニュートラルのサバイバル」プロジェクト ~QuizKnockと一緒に未来のためにできること!~

QuizKnockとジオ君からのメッセージはこちら

「科学漫画サバイバル」シリーズ
ジオ君からのメッセージ

サバイバルキングのジオだよ。
僕もQuizKnockと一緒に、カーボンニュートラルについていろいろ知ったんだ!
僕たちみんなが今すぐ実行できることもたくさんあるんだよ。
さぁ、一緒に「カーボンニュートラルのサバイバル」を始めよう!

伊沢拓司さんからの
メッセージ

日本は、2050年までにカーボンニュートラルを達成しようとしています。あと28年。僕のこれまでの人生と一緒の長さです。

僕が子どもの頃から地球環境問題は叫ばれていました。でも、あっという間に状況は深刻になり、世界は焦っています。

いますぐ、はじめたい。28年はすぐに過ぎます。地球がこのサバイバルを切り抜けるために、善は急げです。

さあ、ジオくんや僕たちと一緒に、今すぐ地球のための第一歩を踏み出しましょう。大丈夫! 僕たちと一緒なら、きっと楽しい第一歩ですから。

[→ QuizKnockとは?]

オンラインイベントのご視聴はこちら

アンケート

アンケートに答えてくれたら「サバイバル」シリーズのジオからの
メッセージ動画をダウンロードできるよ

回答はこちらから

「カーボンニュートラルのサバイバル」スペシャルブック

PDFダウンロードはこちら
月刊誌「ジュニアエラ」編集部、
季刊誌「AERA with Kids」編集部
鈴木 顕 編集長メッセージ

月刊誌「ジュニアエラ」編集部、季刊誌「AERA with Kids」編集部 鈴木顕編集長メッセージ

地球温暖化を、
身近な問題から考えてみよう

「地球温暖化」が進み、世界ではいま、海面上昇、山火事、干ばつなど、さまざまな問題が起きています。しかし、ふだん生活をしていると、こうした問題を身近に感じるのはなかなか難しいかもしれません。自分の身の回りにある出来事が、地球温暖化の問題とどうつながっているのか――。「カーボンニュートラルのサバイバル」プロジェクトを通じて、それに気づき、ふだんの行動についてあらためて考えるきっかけになることを願っています。

鈴木 顕

月刊誌「ジュニアエラ」編集部、
季刊誌「AERA with Kids」編集部

編集長 鈴木 顕(すずき・あきら)

小中学生のためのニュース月刊誌「ジュニアエラ」、子育て情報誌「AERA with Kids」編集長。朝日新聞出版で、週刊朝日記者、AERAムック「大学ランキング」編集長、AERA dot.副編集長などを経て、2022年から現職。小6女児、小5女児、年中男児の3人を子育て中。

「科学漫画サバイバル」シリーズをはじめ
児童書を統括する生活・文化編集部
片桐 圭子 生活・文化編集部長メッセージ

「科学漫画サバイバル」シリーズをはじめ児童書を統括する生活・文化編集部 片桐 生活・文化編集部長メッセージ

「自分たちも世界の一員」と
実感できる体験を

異常ともいえる夏の暑さや、年に何度も日本を襲う豪雨災害などを引き起こす地球温暖化は、子どもたちにとっても身近な問題です。その地球温暖化を食い止めるために、いま、「カーボンニュートラル」という考え方が注目されています。温室効果ガスの排出量とそれを吸収・除去する量を合わせてプラスマイナスゼロにしようというものです。

子どもたちにとってはまだ、あまりなじみのない言葉ですが、ちょっと意識を変えるだけで、温室効果ガスの排出量削減に直接貢献することができる「自分事化」のしやすさが、「カーボンニュートラル」にはあると思っています。

地球温暖化を食い止めるために自分たちにもできることがあると知り、実践することは、自分自身が社会の一員であるという自覚を持つことにつながります。

児童書の分野で、「楽しく(エンターテインメント)」「学ぶ(エデュケーション)」=「エデュテインメント」の提供を目指す朝日新聞出版では、まずは「カーボンニュートラルを楽しく学び、自分事にする」入り口として、トヨタ自動車様に協力いただき、「カーボンニュートラルのサバイバル」プロジェクトを発足いたしました。

本プロジェクトは、子どもたちが正しい知識を身につけ、憧れのQuizKnockさん、大好きなジオと楽しい時間を共有し、「社会の役に立つことができる存在」として、子どもたちの自己肯定感を高めることを目指します。

片桐圭子

「科学漫画サバイバル」シリーズをはじめ
児童書を統括する生活・文化編集部

部長 片桐圭子(かたぎり・けいこ)

児童書、実用書、パートワークの3チームを統括する生活・文化編集部部長。「ASAhIパソコン」記者、「朝日新聞」記者、「AERA」副編集長、同編集長などを経て、2022年から現職。中1女児の子育て中。

ジュニアエラ

ジュニアエラ

毎月15日発売
499円(税込)

政治、経済、国際問題など日々の時事ニュースに加え、サイエンスや歴史などのテーマを独自の切り口で小中学生にもわかりやすく解説。親子で一緒に、楽しく勉強しながら読める月刊誌です。

ご購入はこちら
AERA with Kids

AERA with Kids

年4回、3月・6月・9月・12月の各5日発売
998円(税込)

小学生を育てるママやパパに向け、子育ての悩み解決のヒントや、子どもとのかかわり方を提案する実用情報誌。学力アップや家庭学習のコツから、親子関係や食育、読書案内、お出かけ情報まで、専門家のアドバイスや読者の実例をふんだんに盛り込んだ一冊です。

ご購入はこちら

朝日新聞出版から発売中の
QuizクイズKnockノックの本

君らしく働くミライへ

QuizKnockの課外授業
シリーズ03
君らしく働くミライへ

QuizKnock 著

ご購入はこちら
クイズ思考の解体

クイズ思考の解体

伊沢 拓司 著

ご購入はこちら
クイズで88本ノック

クイズで88本ノック
最強クイズ集団からの
“謎解き”挑戦状

QuizKnock 著

ご購入はこちら
文章を読む、書くのが楽しくなっちゃう本

QuizKnockの課外授業
シリーズ02
文章を読む、書くのが
楽しくなっちゃう本

QuizKnock 著

ご購入はこちら
勉強が楽しくなっちゃう本

QuizKnockの課外授業
シリーズ01
勉強が楽しくなっちゃう本

QuizKnock 著

ご購入はこちら
東大発の知識集団 QuizKnock

イベントに関するお問い合わせ

「カーボンニュートラルのサバイバル」
プロジェクト 実行委員会

event@asahi.com

※本コンテンツに記載されている会社名、サービス名、
商品名、ロゴは、各社の商標または登録商標です。

企画・制作:朝日新聞出版 メディアビジネス部
協賛:トヨタ自動車