週刊街道をゆく 50号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊街道をゆく 50号

定価:576円(税込)
表紙:名古屋城
発売日:2005年12月27日
  50号 

品切れ・再販未定

濃尾参州記(のうびさんしゅうき)

愛知県

核心抄録

「名古屋については、信長から書きはじめたい」

「街道」を読み解く(50)『街道をゆく』絶筆の悲痛/松本健一
ひと目でわかる 『街道をゆく』ルートマップ

濃尾参州記 抄録1

「まことに信長にとって死をまねく大軍が駸々乎として迫っている」

その風土 自由な藩風が育んだ尾張のものづくりの伝統/林 董一

その文化 馬島明眼院――眼科医を経営した一大寺院/馬嶋慶直

濃尾参州記 抄録2

「山中に道路網を張ることによって、松平郷は一変したのにちがいない」

その歴史 徳川氏を英雄に仕立て上げた歴史改変/新行紀一

コラム 名古屋人とは何か?/清水義範

[日本・アジア編最終号特別企画]

司馬さんと歩いた二十五年
――歴代担当編集者による座談会

リレー紀行(50)
森 浩一がゆく「東海」

「未完の旅」を歩く


[エッセイ]

司馬さんの風景(50)美しい隠れ家のたたずまい 安野光雅


「街道」の植物(23)クサギ 木原 浩


[連載]

黒鉄ヒロシの「街道」名場面(50)臆病者・徳川家康


「街道」アルバム 最高の被写体


旅情報 街道を旅するために


司馬さんの参考文献(50) 『蕪村全集』内田忠賢


「街道」が書かれた時代




週刊街道をゆく専用ファイル

定価:1,200円(税込)/1巻


ご注文はこちら