Kindle Serialsで藤井太洋『UNDERGROUND MARKET ヒステリアン・ケース』連載販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加


待望の書き下ろし!
藤井太洋Kindle連載


Amazon.co.jpが2013年10月25日(金)でKindle1周年を迎え、連載形式の小説やコミックの新しい楽しみ方を提案するKindle連載をスタートさせました。
林真理子、おがきちかなど人気作家18人の作品がKindle連載に登場し、朝日新聞出版からは藤井太洋さん『UNDERGROUND MARKET ヒステリアン・ケース』が発売となりました。


UNDERGROUND MARKET ヒステリアン・ケース
著者:藤井太洋
発売日:2013年10月25日
販売:Kindle Serials
定価:200円
Amazonでの購入はこちらをご覧下さい
「UNDERGROUND MARKET ヒステリアン・ケース (Kindle 連載)」


*ストーリー*
出稼ぎを求めて急増した海外からの移民と政情不安定な国からの難民であふれ始めた街東京。移民や難民が出身国への送金に用いていた仮想通貨は移民同士の支払に用いられ始め、やがて巨大な地下経済を誕生させた。そんな移民がはびこる東京で、WEB周りのなんでも屋として企業の間を渡り歩く木谷巧とWEBデザイナー鎌田大樹のふたりはビジネスチャンスを探していた。小説トリッパーに掲載され、電子書籍として発売された「UNDERGROUND MARKET」の序章ともいえる物語。


UNDERGROUND MARKET
著者:藤井太洋
定価:100円
Amazonでの購入はこちらをご覧下さい
「UNDERGROUND MARKET (Kindle)」


Amazon Kindleストアのダイレクトパブリッシングで発売以降、爆発的人気を得たSF小説『Gene Mapper』の作者による待望の書き下ろし第2弾! 2018年、東京。たび重なる増税は、日本に「地下経済」の爆発的流行をもたらした。当局に把握されないで税を回避できる商取引は、電子決済の一般化とともに社会に浸透。増え続ける移民と開く格差が利用人口をさらに増やしていた。
WEB周りのなんでも屋として企業の間を渡り歩く巧は、地下経済の恩恵を受けるフリーランス。仲間の恵、鎌田とともに請けたWEB開発案件はもちろん地下経済がらみで、早くもトラブルの匂いを漂わせていた――すぐそこに迫った日本のシミュレーション。