仏教を歩く 30号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

仏教を歩く 30号

定価:576円(税込)
表紙:奈良・元興寺浮図田の地蔵とハルシャギク
発売日:2004年5月1日
  30号 

品切れ・再販未定

仏教復興に立ち上がる

近代の仏教者たち
清澤満之・鈴木大拙・田中智学 きよざわまんし すずきだいせつ たなかちがく
明治初年の神仏分離令は、日本の仏教界に大きな打撃を与えた。多くの僧侶が還俗し、寺や仏像、経典などが破壊・破棄されたのである。このような「廃仏毀釈」の流れにあって、仏教の復興をめざして立ち上がる人々が現れた。教団仏教を改革し、内省的な生き方を青年たちに説き続けた清澤満之。欧米に日本の禅・仏教の精神を広めた鈴木大拙。日蓮の教えで世界をひとつにしようとした田中智学。『仏教を歩く』最終号は、近代の仏教者たちの中から、多くの人々に影響を与えた満之・大拙・智学ら三人の生き方に焦点をあて、彼らが生きた時代と仏教を考える。

巻頭法話 仏教への誘い 第30話「忘己利他」瀬戸内寂聴

満之・大拙・智学とはどんな人?
仏教の復興に奮闘した仏教者たち/福島栄寿
■イラスト 満之・大拙・智学交友録
■近代の仏教 教えの広がり
近代化の荒波の中、対応に追われた仏教界/大谷栄一
■近代仏教のあゆみ

清澤満之のことば
親鸞の他力の思想を近代に蘇らせる/安冨信哉

清澤満之ゆかりの旅
三河大浜(愛知県碧南市) 郷愁をそそる戦前の町並み/編集部

鈴木大拙のことば
西洋とは異なる、禅による「自由」/竹村牧男
◆大拙の遺産
「O wonderful, wonderful」/岡村美穂子
[仏教 見る・聞く・ふれる]
仏教者や思想家を育んだ町[金沢]/編集部
大拙・幾多郎・暁烏敏 ゆかりの地
田中智学と日蓮主義/大谷栄一
コラム 日蓮主義の講演会/大谷栄一
宮沢賢治と仏教 透明な軌道の、その先/玄侑宗久

■連載■
真鍋俊照の「仏教アートへようこそ」(30)
現世利益をもたらすさまざまなお札とお守り/真鍋俊照
梅原猛の新「授業・仏教」第30講
鈴木大拙・宮沢賢治 近代日本に現れた最大の「菩薩」/梅原 猛
週刊お遍路さん(30)
総集編/小野庄一
典座さんの食べる仏教(30)
筍のみそ炒めで味わう「山と野の慈悲」/藤井宗哲・まり
暮らしの仏教Q&A(30)
散骨の話/佐藤達全
仏教聖地巡り(30)
タクツアン(ブータン)/田村 仁

仏教を歩く専用ファイル

税込1200円/1冊(10部収納)


ご注文