就活虎の巻spロゴ

私の就活奮闘記

文学部

大谷奈央

大谷奈央

第 6 回

今就活をしているみなさんへ2019年06月05日 掲載

 この連載もいよいよ最終回ということで、みなさんに向けて一年前の私が読んだら少しは励みになるかなと思うことを書いてみます。

 出版社を志望すると、多くの企業に祈られますよね。月並みですが、私の心の中のノブはよく「こんなに祈られてわしゃ神にでもなるんか」と言っていました。

 終わりが見えず不安になることも、逆に自分で終わらせることのできる状況だからこそ心が折れてしまうこともあるかもしれません。私も正直途中でやめてしまおうかと思ったこともありました。参考になるかは分かりませんが、そんな時私は「ここで諦めなかったら夢を叶えられるかも」という強い願望と少しの息抜き(雑誌とレイトショー)でなんとか就活を続けていました。

 お祈りメールは辛いけれど、受けるのを途中で諦めてする後悔より全然ましです。たまには息抜きをしながら、最後まで頑張ってください。

 みなさんの就活が自分らしく、納得できる結果になることを願っています。

近況

金曜日は財布と体型を考慮しない晩ご飯を食べることにしています。この週は同期の金山さんとハイカロリーなピザを食べ、コーヒーのカクテルが飲めるお店に連れて行ってもらいました。
仕事ではいよいよ本配属が決まり、日々勉強中です。虎の巻もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

近況6

第 5 回

ご縁ってあるんですね part22019年05月10日 掲載

 入社を決めた理由は、もちろんかねてより志望していた出版社であることやその中でも興味のある児童書や旅行雑誌を出版していることがあったのですが、他にも決め手に思ったことが2つあります。(業務内容は自分の企業研究では限界があったので、内定を頂いてからより興味がわいてきたといった方が近いかもしれません。)

 1つ目は第4回でも書いたように、面接で私にはこの会社が合っているのではないかと感じられたことです。

 2つ目は採用期間に出会った社員の方々のことです。一次試験では会場に傘を忘れて一緒に取りに帰ってもらい、二次試験では地震で新幹線が止まって半泣きで電話をする私に皆さんいつも優しく対応してくださいました。こんなに温かい方々と働けたらと試験を受けに行くたびに思っていたので、内定のお電話を頂いたときには本当に嬉しかったです。

 就職はご縁、なんて言いますが面接の相性がよかったことも様々なハプニングも何かご縁があったのかなと今は思います。

近況

連休に入る前は何をして過ごそうか困っていたのですが、いざ休みとなるとしっかり観光していました。初めて行った鎌倉では長谷寺や鎌倉大仏を拝み、新江ノ島水族館に行きました。クラゲショーでは自称クラゲヘアのお兄さんがクラゲについて教えてくれるんです。クラゲにも目があるんですって、知ってました?

近況5

第 4 回

採用試験の印象2019年04月24日 掲載

 面接では、今の私が会社に対して何ができるかということよりも、私が今まで何をして、何を考えてきたかを見られたように思います。私自身に興味を持ってくれているんだなと思わせてくれるような質問も多く、私にとっては答えやすかったです。

 個人面接だったということもあり、形式的なザ・面接というよりは、人対人の会話のような感じでした。それでももちろん緊張はするのですが、終始穏やかな雰囲気で質問をしてくださったおかげで、他の面接よりも素の自分でいられました。

 私は、大体の面接後「ああ失敗した」と頭を抱えて電車に乗るタイプです。たぶん、変に自分を取り繕おうとして「もっとこう言えば…」という気持ちになっていたのだと思います。しかし、朝日新聞出版の面接では用意してきた答え以上に、自分が普段考えていることを話せたので「これだけ出し切って落ちたら、私とは合わないってことだな」と毎回自清々しい気分で帰っていました。

近況

早いもので入社から3週間が経ちました。座学での研修が終わり、先週からOJT研修で様々な部署を回っています。ようやくずっと憧れていた業界で働くのだという実感がわいてきました。ワクワクしています。写真は直近の締めパンケーキです。最近呑みに行った帰りはもっぱらスイーツで締めています。

近況4

説明会報告

「就活虎の巻」号外2019年04月16日 掲載

 当日は雨の中、また4月にしては異例の寒さの中たくさんの方がお越しくださいました。来てくださった方、ありがとうございました。私たち新入社員は、就職活動や研修についての質問に答えさせていただきました。その中で多く聞かれた質問を少しまとめたいと思います。

志望動機はどのように書いたら良い?

私は自分のこれまでの経験や興味を持っていることから朝日新聞出版の特にどのジャンルでどのような仕事をしてみたいか、それはなぜかを中心に書いていました。
「御社は○○に強みを持っているので~」という方式で志望動機を書こうと思うが難しい、という相談も多くありました。行き詰まったら考え方を少し変えてみるといいかもしれません。

何社くらい受けた?出版業界に絞ったか?

5、60社受けて半数以上は出版業界です。面接慣れできたという点でも「やっぱり私はこの業界・この企業の方が合っているのではないか」と気付けるようになった点でも私はたくさん受けてよかったです。

筆記試験対策は何をしていた?

筆記試験対策本(マスコミレベル)を1冊買って隙間時間にやりました。作文は基本的な原稿用紙の使い方・文章の運び方を再確認する程度でした。普段からニュースをチェックする習慣をつけておいたのも役に立ったと思います。

企業研究は何冊くらい出版物を読んだか?

ESや面接で大切なのはどれくらいの出版物を読んだかという数ではなく、それを読んで何を感じ考えたのかではないのかと思います。そのため、何冊読めば良いというよりは自分の興味のある分野のものを中心に「なぜこの本が良いと思ったのか、売れているのか、自分ならどうするか」などを考えていました。

 就活生の皆さんに囲まれ自分の経験を話す中で私自身、昨年の気持ちを思い出すいい機会になりました。少しでも参考になれば幸いです。頑張ってください!

第 3 回

ご縁ってあるんですね part12019年04月01日 掲載

 私は就活と並行して、卒業論文の資料集めをしていたのですが、私が卒業論文で扱う小説の初出が『週刊朝日』だったんです。それがきっかけで、HPや本屋で朝日新聞出版の出版物を探しました。そんな時本屋で『斉藤孝のゼッタイこれだけ!名作教室』を見つけ、大人の私でも「なるほど」と思うほど丁寧でわかりやすく解説されていることに感激しました(「自分の妹弟が・・・と面接で熱くなったのを覚えています)。大学時代のバスガイドの経験から子どもと学習を繋ぐことに魅力を感じていたこともあり、学習に繋がる児童書を多く出している朝日新聞出版は私の興味に一番近い出版社かもしれないと考えるようになりました。

 その後、児童書だけでなく旅行雑誌や実用書も手に取って、朝日新聞出版でこんな本を作る方と一緒にお仕事がしたいと、受験を決めました。卒業論文が、私を就職先にまで導いてくれてご縁を感じます。

近況

先日、大学を卒業しました。当日は友人に会うたびに写真を撮り、大きな挫折も、友人との楽しい日々もあった4年間を振り返る日でした。京都で過ごした4年間は私の一生の思い出です。1人で上京した今は寂しくてたまらないのですが、そんな日々を胸にこれから頑張っていこうと自分を奮い立たせています。

近況3

第 2 回

就職活動で心がけていたこと2019年03月08日 掲載

 一番心がけていたことは、自分の感情を言葉で表現することです。漠然としているかもしれませんが、私の就職活動においては精神的にも、面接などの対策といった面でも役に立ったと思います。

 就活で落ち込んでいるときにも、何に不安を感じているのかをきちんと言葉で表現しようとしていました。表現と言っても、洗い物などをしながら頭の中で考えるくらいなのですが、漠然とした不安から、理由の分かる不安になったら、対策も諦めも出てきて自然と気持ちが少し楽になりました。私は就活期間がとても長く感じ、辛いこともあったので精神的な面でかなり役に立ったと思っています。

 また、ESや面接では必ずと言っていいほど「理由」を尋ねられます。普段から自分について考える時間が多かったので、突然の質問にもそれなりの答えを返すことができたように思います。

 自己分析と言えるほど形式的な自己分析はしなかったのですが、人生で一番自分と向き合った期間でした。

近況

引っ越し準備で東京に来たときに、明治神宮でおみくじを引きました。「修養がたらない人は辛抱ができず、軽はずみなことをして取り返しのつかない失敗をする」のだそう。明治天皇は思ったより厳しかったです。いよいよ始まった新生活、「辛抱が大切」を心に刻んで頑張ります。

近況2

第 1 回

プレエントリーの時期にしていたこと2019年02月28日 掲載

 プレエントリーが始まるという日、おそらく日本中の就活生がするように、私もサイトに勧められるがままにプレエントリーのボタンを押しまくりました。また、私は第一志望は出版社(中でも児童書を出しているところ)だったので、大手サイトだけでなく、書店の児童書のコーナーで出版社の名前を調べ、求人情報を検索して受けられる会社を探しました。

 ESを書けば書くほど不安になって俗にいう持ち駒を増やしたくなったので、結局どんどんプレエントリーする会社は増えていき、出版社以外も合わせて100社を越えたと思います。ここまで増えると、〆切などを忘れてしまうので、エントリーした企業の応募方法をまとめた表を作りました。並行して、ESの添削などもしてもらっていたのですが、十数分の電話面談で「大谷さんは自分に自信がないので~」と言われたときは、こんな短い電話でばれてしまうなら面接なんて絶対に向いていないと落ち込みました。

近況

写真は最近旅行のお土産で買った玉ねぎ型の花びんとアネモネです。お花屋さんで春っぽいお花を選んでもらいました。部屋に生花を飾って「#丁寧な暮らし」みたいな生活に憧れながらも、最近のマイブームはおやじギャグを考えること。「せいか」のある「せいかつ」…なんちゃって。

近況1
  • LINEシェアボタン