AERA

詳しい資料はこちら

AERA(アエラ)は
時代を先取りするビジネスパーソンのための
ニュース週刊誌です。

コア読者は「30~50代の都市部で働く男女」。
政治、経済、事件、文化、芸能、スポーツから生き方、働き方までさまざまなテーマで
ほかのメディアにはない独自視点の記事を掲載しています。

AERAのメディア概要

AERAのメディア概要

メディアデータ
・発行部数:50,477部 
※印刷証明付き発行部数(2023年10月~12月の平均印刷部数)
・回読人数:6.5人 
※MAGASCENE 2023年4月~6月調査
・宅配部数:7,488部 
※ABC部数 2023年7月~12月調査
・判型:A4判変型(中綴じ) 
・創刊:1988年5月

読者データ
・コア層は30代~50代
・平均世帯年収849万円
(MAGASCENE 2023年4月~6月調べ)

AERA3つの特長

1 FEATURES

知的で情報感度の高い読者

読者の中心は、知的で情報感度の高いビジネスパーソン。高年収、高学歴、多忙なビジネスパーソンが、仕事の合間や通勤時間を利用して読み、特集から得た情報を自らの仕事に応用したりと、今を読み解くサマリーとして幅広く活用されています。

02 FEATURES

3大都市に強い都市型メディア

宅配部数は約8千部。関東エリアで46.4%(うち東京23.2%)、近畿エリアで15.2%、中部エリアで12.8%と都市型の配本比率。
書店、コンビニに加え、駅売店での通勤客による購入が多いほか、朝日新聞販売店(ASA)からの宅配定期購読など、家庭内で複数の読者に読まれています。

03 FEATURES

2つの顔を持つ週刊誌

その時々の旬なテーマを独自の目線で切り取る「巻頭特集」と、ビジネスパーソンの生活に寄り添う記事とを、バランス良く1冊に。
取り上げた記事は「AERA dot.」にも配信するため、インターネット上で話題になることも多く、PRの場としてご活用いただく広告主様も多岐にわたっています。

編集長の声

AERA 編集長 木村 恵子

『AERA』 編集長
木村 恵子(きむら けいこ)

1988年に創刊した「AERA」は2023年に創刊35周年を迎えました。

コア読者は「30~50代の都市で働く男女」。政治、経済、事件、文化、芸能、スポーツから生き方、働き方までさまざまなテーマで、ほかのメディアにはない独自視点の記事を掲載しています。

それぞれのテーマのなかに生きる「人」を徹底的に取材し、その思いや問題意識を掘り下げています。AERAの一つの特徴に「女性」に支持されるメディアという点があります。

女性の働き方、ダイバーシティー、ジェンダー、子育てと仕事の両立、保活などのテーマにいち早く注目し、先進事例の紹介や、問題提起をしてきました。その姿勢は、もちろん男性にも共感され、他の総合週刊誌にはない、男女バランスよく読んでいただける媒体になっています。

目指すのは、誠実で共感力の高いメディアです。今後も、現役世代の代弁者として発信を続けていきます。

そしてもちろん、写真家・蜷川実花が撮る旬な人物の表紙にも、ご注目ください。

広告企画

企画名 内容 申込〆切  企画書
『大学特集号』企画 保護者や高校の先生、塾予備校関係者が注目する『AERA』の「大学特集号」。特殊面やセンターなど、接触率が高く、インパクトある広告効果が期待できるメニューをご用意しております。新設学部の設置や周年の告知、学長メッセージの発信などにお役立てください。  ー ダウンロード(PDF) 
『編集長レポート』企画  本企画では「AERA」編集長の木村恵子がインタビュアーとなり、 経営者や事業責任者の方への取材を通じて、貴社の伝えたいメッセージや、 企業の魅力を余すところなく引き出します。  掲載日の
60日前まで
ダウンロード(PDF) 
2024大学入試
合格者ランキング速報特集 
高校・大学関係者をはじめ、教育関連企業様から大変好評の同企画。
2024年2月から4月まで、ランキングを誌面でご紹介予定です。
 ー ダウンロード(PDF)  

金融企画
「MONEY GUIDE with AERA」
2024年6月24日発売号にて実施

 30・40・50 代の男女をターゲットとした『AERA 』 の大型金融企画。2024年は新 NISA 始動の年。本気で資産運用に目を向け始めた人が多くいます。また「寄付」という支援の形も身近になってきたように感じます。2024年という年に、本気で“お金の使い道”に目を向けてもらう企画とする予定です。 ボーナス時期に実施!/目立つ位置で企画実施!/WEB での拡散施策も!  2024/4/10 ダウンロード(PDF) 

その他の広告メニュー

ブランディング/PR施策などでお悩みの方は、
お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

ブランディング/PR施策などの
お役立ち資料はこちらから

ページトップへ戻る