研究最前線 邪馬台国

このエントリーをはてなブックマークに追加

立ち読み

トップ

研究最前線 邪馬台国

いま、何が、どこまで言えるのか

石野 博信 編 / 高島 忠平 編 / 西谷 正 編 / 吉村 武彦 編 

ISBN:9784022599780
定価:1512円(税込)
発売日:2011年6月10日
四六判並製   256ページ  選書878 

 九州?近畿? 奈良県纒向遺跡の大型建物跡の発見で、200年来の邪馬台国所在地論争に終止符が打たれるのか。魏志倭人伝、全国の発掘調査の成果を第一線の研究者はどう読み解くのか。10年夏、江戸東京博物館で開催のシンポジウム「いま、なぜ邪馬台国か」での白熱した討論・講演を元に、これまでの争点を整理し、今後の課題もわかりやすく解説。纒向遺跡の最新成果も掲載。

amazon.co.jp

楽天ブックス

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。
ご注文はお近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)でも承ります。