小説トリッパー 2019年冬号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

トップ

小説トリッパー 2019年冬号

定価:1100円(税込)
発売日:2019年12月18日
A5判   アジロ綴じ  2019年冬号 

amazon.co.jp

ご注文はお近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)でも承ります。

連載完結 尾崎世界観 加藤シゲアキ

[新連載小説]

神林長平

上書きされた世界 ―― The Overwritten World

[特集]

時代小説の新潮流


インタビュー

朝井まかて  けっして勝者の歴史ではなく

垣根涼介  死ぬまで走り続けるしかない時代に

創作

乾 緑郎  猩々かく語りき

木村忠啓  遺言

森山光太郎  錦木

作品論

東山彰良

正義とは何か――葉室 麟 『星と龍』を読む


細谷正充   戦国乱世に平和を希求する心
――『計策師』と赤神諒論


[連載完結]

荻野アンナ 

老婦人マリアンヌ鈴木の部屋


[連載完結]

尾崎世界観

身のある話と、歯に詰まるワタシ

最終回ゲスト 尾野真千子


[連載完結]

加藤シゲアキ

できることならスティードで

最終回 浄土


[エッセイ < 私のTRIP体験 > ]

  • 嶋津 輝 狂熱の黒部

[連作読切]

  • 金原ひとみ/madly(連作3)

[連載評論]

  • 高橋源一郎/たのしい知識

[連載小説]

  • 葉真中顕/そして、海の泡になる
  • 梶よう子/焼け野の雉(きじ)
  • 深沢 潮/李(すもも)の花は散っても
  • 村田喜代子/妹(いも)の島
  • 伊東 潤/北条五代 第二部

[季刊ブックレビュー]

  • 鴻巣友季子
    幻惑、韜晦、再構築としてのスクリーン
    阿部和重 『オーガ(ニ)ズム』
  • 九螺ささら
    魂を見失わないように
    小川洋子 『小箱』
  • 大澤 聡
    ポスト・トゥルースの彼岸
    高山羽根子 『如何様(イカサマ)』

[クロスレビュー]

  • 江南亜美子/野蛮の超克
    ミシェル・ウエルベック 『セロトニン』
    吉田修一 『逃亡小説集』
  • 倉本さおり/人を人たらしめるもの
    村田沙耶香 『生命式』
    川上弘美 『某』

[文芸季評]

  • 中村真理子/生と性の多様なかたち

[エンターテインメント季評]

  • 高津祐典/肥大化する正義に抗して

[報道の現場から小説を読む]

  • 市田 隆/タブーからの脱却のあとに
    赤坂真理 『箱の中の天皇』

[本と書店をめぐる物語]

  • 高頭佐和子/苦味のようなものの素
    吉田修一 『青春 Shuichi YoshidaコレクションI』

[永江堂書店]

  • 永江 朗/アートと社会を考える10冊

第6回林芙美子文学賞事前選考通過作品発表

執筆者紹介・画家紹介