小説トリッパー 2021年夏号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

トップ

小説トリッパー 2021年夏号

定価:1320円(税込)
発売日:2021年6月17日
A5判   アジロ綴じ  2021年夏号 

amazon.co.jp

ご注文はお近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)でも承ります。

創作 篠田節子 松井玲奈 特集 文芸時評の未来

[創作]

篠田節子

屋根裏の散歩者

[連作]

川上弘美

たましいの名前


[創作]

松井玲奈

家族のかたち


[対談]

高山羽根子+小川哲 新たな小説の分岐を求めて

[評論]

佐々木敦 「母」の解体、「妻」の捏造
――『シン・エヴァンゲリオン』論――

[特集]

文芸時評の未来


[対談]

斎藤美奈子+鴻巣友季子

「時」のなかで批評する


[エッセイ]

<文芸時評の経験>

島田雅彦 文芸復興しかない

阿部和重 Wonderful World

星野智幸 最も早くて永遠の、時評の言語

山崎ナオコーラ 書かれた経験

田中慎弥 不要不急の小説

小山田浩子 あのときの風


チョ・ナムジュさんへの25の質問

チョ・ナムジュ 慎芝賢 訳

未熟だけれどたくましい少女たちの姿を記録したい


[最終回]

江上 剛

創世(はじまり)の日

[エッセイ]

<TRIP体験>

町田そのこ 忘れられぬ未熟旅

坂上泉 田原坂びしょびしょ事変

[連載評論]

  • 藤井義允/擬人化する人間――脱人間主義的文学プログラム
  • 高橋源一郎/たのしい知識

[連載エッセイ]

  • 穂村 弘/この漫画のここが好き

[連載小説]

  • 新庄 耕/新郷地(しんきょうち)
  • 河﨑秋子/介護者D
  • 井上荒野/生皮――あるセクシャルハラスメントの光景
  • 神林長平/上書きされた世界――The Overwritten World
  • 梶よう子/焼け野の雉(きじ)

[季刊ブックレビュー]

  • 鴻巣友季子
    視点移動が支える奇跡のユーモア
    中島京子『ムーンライト・イン』
  • 李 琴峰
    「多様性」にまつわる重層的な声
    朝井リョウ『正欲』
  • 竹永知弘
    予兆を描くゆえの必然
    中村文則『カード師』

[クロスレビュー]

  • 江南亜美子/知覚の変化をとらえる言葉
    津村記久子『つまらない住宅地のすべての家』
    小山田浩子『小島』
  • 倉本さおり/ただの「ヒト」ではいられない
    星野智幸『植物忌』
    松田青子『男の子になりたかった
    女の子になりたかった女の子』

[文芸季評]

  • 中村真理子/震災十年の欺瞞と歪み

[エンターテインメント季評]

  • 高津祐典/“想像の限界”を想像する過酷さ

[報道の現場から小説を読む]

  • 市田 隆/自殺者が残す不可視の空白
    恩田陸『灰の劇場』

[本と書店をめぐる物語]

  • 高頭佐和子/最後に卵を割ったのはいつだろう
    岸惠子『岸惠子自伝』

[永江堂書店]

  • 永江 朗/政治のことばを考える10冊

第8回林芙美子文学賞募集要項


執筆者紹介・画家紹介