小説トリッパー 2022年冬号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

トップ

小説トリッパー 2022年冬号

定価:1320円(税込)
発売日:2022年12月16日
A5判   アジロ綴じ  2022年冬号 

amazon.co.jp

ご注文はお近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)でも承ります。

[創作]

江國香織

川のある街 Ⅱ

森絵都

あした天気に

王谷晶

君の六月は凍る

[連作]

川上弘美

二人の夜 前編


[対談]

辻村深月+加藤シゲアキ

変化する小説との向き合い方

聞き手・構成 瀧井朝世


[インタビュー]

温又柔

「普通」を問いつづけなければならない時代に

インタビュー 倉本さおり


[連載完結]

小川公代

世界文学をケアで読み解く

藤井義允

擬人化する人間――脱人間主義的文学プログラム


[評論]

渡辺祐真

問題:我々は時代の勝者と敗者をどのように決められるか?
――小川哲『君のクイズ』論


三宅香帆

もう一度「自分の物語」へ
――宇野常寛『砂漠と異人たち』への軌跡  


[エッセイ]

<私のBOOM>

原田ひ香 器に夢中

<TRIP体験>

藍銅ツバメ 安倍晴明からジャック・ザ・リッパーへ

[連載評論]

  • 佐々木 敦/成熟の喪失 庵野秀明とその時代
  • 高橋源一郎/たのしい知識

[連載エッセイ]

  • 松井玲奈/私のもしも図鑑
  • 穂村 弘/この漫画のここが好き

[連載小説]

  • 貫井徳郎/ひとつの祖国
  • 田中慎弥/死神
  • 町屋良平/恋の幽霊
  • 神林長平/上書きされた世界――The Overwritten World

[連作読切]

  • 大山誠一郎
    和山夜羽の5W1H事件簿
    なぜ毎日一本だけ買うのか?

[季刊ブックレビュー]

  • 鴻巣友季子
    ルートはつねにソレる
    多和田葉子『太陽諸島』
  • 高橋敏夫
    「静謐(平和)」を求める常識転倒の巨篇
    伊東潤『天下大乱』
  • 水上文
    モラハラからのサバイバル・キット
    櫻木みわ『カサンドラのティータイム』

[クロスレビュー]

  • 江南亜美子/「聞く」力の不全をこえて
    河﨑秋子『介護者D』
    温又柔『祝宴』
  • 倉本さおり/〈箱〉からはみ出した生
    佐原ひかり『人間みたいに生きている』
    安堂ホセ『ジャクソンひとり』

[文芸季評]

  • 中村真理子/「弱き者」たちの反乱

[エンターテインメント季評]

  • 高津祐典/一四〇字に潜む無限の言葉

[報道の現場から小説を読む]

  • 市田 隆/不透明な真実のリアルを描く
    奥田英朗『リバー』

[本と書店をめぐる物語]

  • 高頭佐和子/嗅いだことがないはずの匂い
    河﨑秋子『清浄島』

[永江堂書店]

  • 永江 朗/いまどきの「男らしさ」について考えるための10冊

第9回林芙美子文学賞〈事前選考通過作品発表〉


執筆者紹介・画家紹介