小説トリッパー 2001年冬季号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

トップ

小説トリッパー 2001年冬季号

定価:926円(税込)
表紙:島田雅彦・小熊英二
発売日:2001年12月14日
  2001年冬季号 

品切れ・再販未定

[特集]
平和論

[対談]
同時多発テロと
戦後日本ナショナリズム
島田雅彦×小熊英二


[評論]
テロリストを撃て
 「文学へ」第2回 高橋源一郎

それはただの予言ではないか
──「戦時下」の「文学」について──
大塚英志


[新連載 対談]
仏教への帰還
河合隼雄×中沢新一

恩田陸の世界
[エッセイ]
<陸>が見る<海>の夢
久世光彦


[デュアル対談]
エンターテインメント修行
酒見賢一×恩田陸

物語のふるさと──少女まんがとジュヴナイルの時代
大塚英志×恩田陸

◎極私的自作解説
◎極私的サブカル年表

[新連載]
ネクロポリス
恩田陸

[特別評論]

文学は言葉で作る
丸谷才一

[新連載]

ジャーニー・ボーイ
高橋克彦

「手紙の文章教室」
池内紀/高橋直子/みうらじゅん/川島勝

[連載評論]
誤状況論 東浩紀
〈布〉「帯」 田中優子

[連載小説]
シンセミア 阿部和重
人、それを食欲と呼ぶ 大岡玲
家康と権之丞 火坂雅志

[連作短篇]
〈縁の領域〉「スガルの縁」 伊藤比呂美