一冊の本 2000年6月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

トップ

一冊の本 2000年6月号

定価:105円(税込)
表紙:原研哉+池真帆+岩淵幸子(日本デザインセンター原デザイン研究所)
発売日:2000年6月1日
  2000年6月号 

品切れ・再販未定

定期購読を申し込む

巻頭随筆一冊の本
中世の村と現代の間を歩く 石井 進


特集
文学とおカネ
 職業は小説家、趣味は評論家 笠井 潔
 「お金」については語らない 金井美恵子
 金と文学 車谷長吉
 論争貧乏猫貧乏 笙野頼子
 「小説家」の年収試算 久間十義
 〈文士幻想〉を棄ててください 松浦理恵子
 「金なんてどうにかなるもんだよ」 丸山健二

書評 『黄沙の楽土』を読む
「夢」に生きた軍人 城山三郎
夢のありか 山室信一

新連載
生命の木の下で 2 多田富雄

往復書簡
日々のレッスン 6 小島信夫・保坂和志

《平成を読む 12》痛恨を秘めた繁栄の街 山崎正和

《Portrait》
三浦哲郎 撮影=上田義彦

《秘蔵の書》
鈴木主税 撮影=藤井 保

《Point of view》
石原発言とアドヴァンスト・ナショナリズム 宮崎哲弥

連載
文学からの招待状 26
/荒野に住む人 中沢けい

文学でゆく
/『機械』38 宮沢章夫

著者から /他界を観る 加須屋誠
最初の読者から
近代文章語のリアリズム 猪瀬直樹
還暦以後 12 /九代目團十郎/松浦玲
才能の森 12 /東由多加/扇田昭彦
美妙、消えた。24 /言い訳の半生であった/嵐山光三郎
生者の癒し・死者との共食42/よみがえりの時/山形孝夫
音沙汰38/モンチニーの骨董屋/杉本秀太郎

海外出版事情36/染田屋茂
表紙の気分/原 研哉
編集部から
朝日新聞社出版案内