一冊の本 2001年6月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

トップ

一冊の本 2001年6月号

定価:105円(税込)
表紙:水谷嘉孝
発売日:2001年6月1日
  2001年6月号 

品切れ・再販未定

定期購読を申し込む

巻頭随筆一冊の本
『とりあえずの愛』について イッセー尾形


特集
宮尾本 平家物語
対談
食卓のないホームドラマ
宮尾登美子×山室恭子

宮尾本の喚起力 三木紀人
平清盛の青春 佐伯真一

対談
「死」を想う、ゆえに「生」あり
田沼靖一×池田晶子

《Point of view》「子どもの居場所」考 久田邦明

《PORTRAIT》吉行和子 撮影=上田義彦

《秘蔵の書》林 静一 撮影=藤井 保

《平成を読む 24》コクトーが髭をはやす時代はくるか 山崎正和

連載
感じることば 9/穏やかな予感 黒川伊保子
文学からの招待状 39/こわれた神話の断片 中沢けい
文学でゆく  『機械』50/宮沢章夫
政治家の本棚 「『失敗の本質』から学ぶ日本の生き方」/簗瀬 進氏 早野 透

著者から
 寡黙な古建築が語り始めるとき /山岸常人
 肖像画の魅力 /石井美樹子
 セルフポートレイトと私 /森村泰昌
最初の読者から/黄金の挨拶 池内 紀
あたまの漂流 9/月から見える長城 中野美代子
還暦以後 24/杉田玄白 松浦 玲
才能の森 24/大笹吉雄  扇田昭彦
音沙汰 50/柳田國男と『赤い百合』 杉本秀太郎
生命の木の下で 14/メーコック・ファームの昼と夜(その六) 多田富雄

海外出版事情51/染田屋茂
表紙の気分/原 研哉/編集部から
朝日新聞社出版案内