一冊の本 1999年5月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

トップ

一冊の本 1999年5月号

定価:105円(税込)
表紙:原研哉+池真帆(日本デザインセンター原デザイン研究所)
発売日:1999年5月1日
  1999年5月号 

品切れ・再販未定

定期購読を申し込む

巻頭随筆一冊の本
小説と随筆 津村節子


特集
季語とわたし
対談
季語の本質 金子兜太×真鍋呉夫
季語をこう考える 高橋 治
ぼくのなかの冬 高田 宏
日本語の美の財産 高橋順子

特集
星野道夫の世界
特別寄稿 アラスカを旅する夫へ 星野直子
座談会 忘れ得ぬひと 湯川豊×新井敏記×森啓次郎

短篇小説招待席
はじまりの場所 清岡智比古

《わたしの20世紀 38》雪の翌日花見に行く 安岡章太郎
《両国橋から 38》言葉に執して生きた人々(2) 大野 晋

連載小説

彼女(たち)について
私の知っている二、三の事柄7
 金井美恵子

《Point of view》
 主権者、納税者としての腹構えが求められている 江畑謙介
《秘蔵の書》
 HIDDEN JAPAN──自然に潜む日本 矢萩喜従郎

連載
文学からの招待状 14
/靴の踵に埋もれたもの 中沢けい

文学でゆく
/『機械』25 宮沢章夫

政治家の本棚/「『生命の實相』はいつも車の中に」平沼赳夫氏 早野 透

世界文学への誘い2/金魚も泳ぐ「世界文学」 川村 湊
歴史小説の懐21/富士に立つ影/山室恭子
美妙、消えた。11 /二十一歳のリウマチ/嵐山光三郎
生者の癒し・死者との共食29/レバノンからの花嫁/山形孝夫
黄沙の楽土26/石原莞爾と日本人が見た夢22/佐高 信
音沙汰26/雪中談義/杉本秀太郎

海外出版事情26/染田屋茂
表紙の気分/原 研哉
編集部から
朝日新聞社出版案内