日本の歴史 98号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

日本の歴史 98号

定価:524円(税込)
表紙:「パンの会」木村荘八画 高橋亜男氏蔵
発売日:2004年4月15日
  98号 

品切れ・再販未定

漱石・鴎外・荷風 <近代文学の窓から>

◆明治の感性とヨーロッパ/芳賀 徹(京都造形芸術大学学長)
明治日本の「青春」──『三四郎』の世界/芳賀 徹
鴎外の「寂しさ」─『青年』から『雁』へ/竹盛天雄(早稲田大学客員教授)
荷風のふらんす・荷風の江戸/芳賀 徹

「パンの会」の詩人たち──ホイッスラーとの出会い/尹 相仁(韓国・漢陽大学教授)

[コラム]
フェミニズムの生誕──一葉の「表現」/山田有策(東京学芸大学教授)
『白櫻集』のかがやき/馬場あき子(歌人)
『白樺』と岸田劉生/酒井忠康(神奈川県立近代美術館長)

●近代日本文学の流れ/今橋映子(東京大学大学院助教授)
●漱石のヒロインたち/尹 相仁
●資生堂/今橋映子
●明治文学の輝しき舞台──観潮楼〈復元イラスト〉/竹盛天雄+中西立太
●興謝野晶子の世界

◎図版・事項・コメント解説 芳賀 徹/竹盛天雄/酒井 敏(中京大学教授)/宮坂 覚(フェリス女学院教授)/尹 相仁/今橋映子

西洋家具ものがたり(7)明治宮殿の和洋折衷/小泉和子(京都女子大学教授)
祭りと年中行事(87)献氷祭(奈良)/桑原英文