日本の歴史 99号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

日本の歴史 99号

定価:524円(税込)
表紙:『東京パック』(明治四十一年十一月一日号)の挿絵 国立国会図書館蔵
発売日:2004年4月22日
  99号 

品切れ・再販未定

植民地 <内と外>

◆友好の歴史観と侵略の歴史観/大江志乃夫(茨城大学名誉教授)
日韓併合への道/君島和彦(東京学芸大学教授)
台湾・南満州・樺太/君島和彦
一等国の明暗──農村と都市/橋本哲哉(金沢大学副学長)
時代閉塞の現状──煩悶する青年たち/大日方純夫(早稲田大学教授)

抗日義兵運動/朴宗根(元熊本学園大学教授)
移民──「植民」と「棄民」/君島和彦

[コラム]
「朝鮮経営」の実態──無名兵士の手紙から/大江志乃夫
皇太子の韓国・台湾・樺太行啓/原武史(明治学院大学教授)
指紋による人間の管理──「満州国」の場合/渡辺公三(立命館大学大学院教授)

●皇太子裕仁、植民地を行く〈写真構成〉
●国境を引き直す/テッサ・モーリス=スズキ(オーストラリア国立大学教授)

◎図版・事項・コメント解説 君島和彦/橋本哲哉/大日方純夫

西洋家具ものがたり(8)日本風室内装飾の開拓者川島甚兵衛/小泉和子(京都女子大学教授)
祭りと年中行事(88)すすつけ祭り(奈良)/桑原英文