日本の歴史 101号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

日本の歴史 101号

定価:524円(税込)
表紙:『枯木のある風景』 ウッドワン美術館蔵
発売日:2004年5月6日
  101号 

品切れ・再販未定

第一次世界大戦前後

◆帝国主義とデモクラシーの狭間で/松尾尊充
アジア大陸への侵出/松尾尊充
シベリア出兵と米騒動/松尾尊充
三・一運動と五・四運動/松尾尊充
吉野作造──大正デモクラシーの軌跡/松尾尊充

大正の東京計画と関東大震災/石田頼房(東京都立大学名誉教授)+鈴木栄基(岩見沢市建設部都市計画課主査)
パリ講和会議からワシントン体制へ/斉藤孝(学習院大学名誉教授)
美術の大正時代──関根正二・竹久夢二・小出楢重/酒井忠康(世田谷区立世田谷美術館長)
第一次世界大戦下の日本経済──もう一つの高度成長/中村隆英(東京大学名誉教授)

[コラム]
20世紀の科学革命──相対性理論と量子論/戸田盛和(東京教育大学名誉教授)
新聞の大正時代──現代紙への転換/内川芳美(東京大学名誉教授)

●建築にみる大正時代/編集部
●独立と創造──中村屋サロンを中心に/編集部

◎図版・事項・コメント解説 松尾尊充/高橋秀直(京都大学助教授)/編集部

西洋家具ものがたり(10)たばこ王村井吉兵衛の長楽館/小泉和子(京都女子大学教授)
祭りと年中行事(89)薪御能(奈良)/桑原英文