日本の歴史 109号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

日本の歴史 109号

定価:524円(税込)
表紙:『アサヒグラフ』(昭和十五年二月二十八日号)表紙より
発売日:2004年7月1日
  109号 

品切れ・再販未定

「大東亜共栄圏」

◆一千万人の“戦場”/吉沢 南(アジア現代史)
日本民衆の見た「大東亜共栄圏」/吉見義明(中央大学教授)
構想と統治政策/吉見義明+吉沢 南
アジア民衆にとっての「大東亜共栄圏」/吉沢 南

「東亜協同体」論とは何か/米谷匡史(東京学国語大学助教授)
樺太(サハリン)の少数民族ウィルタ──D・ゲンダーヌのばあい/田中 了(ウィルタ協会会長)
「共栄圏」のなかの惨劇/岡部牧夫(フリーライター)

[コラム]
「従軍慰安婦」──名乗り出た生還者(サバイバー)たち/吉見義明
沖縄出身兵士のアジア体験/石原昌家(沖縄国際大学教授)

●「大東亜共栄圏」その資源──日本の加害と被害
●日本人の死者=三百十万人説は正確か?/吉見義明

◎図版・事項・コメント解説 吉沢 南/吉見義明/伊香俊哉(都留文科大学助教授)/編集部

西洋家具ものがたり(18)官庁建築の二代目・山形県庁/小泉和子(京都女子大学教授)
祭りと年中行事(97)ススキ提灯(奈良)/桑原英文