日本の歴史 111号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

日本の歴史 111号

定価:524円(税込)
表紙:広島の原爆ドーム
発売日:2004年7月15日
  111号 

品切れ・再販未定

敗戦と原爆投下

◆日本の降伏をめぐる国際政治/藤村道生(近代史)
昭和二十年八月十五日/藤村道生
「和平」への戦い──サイパン陥落以後/藤村道生
沖縄戦と原爆投下/藤村道生
ポツダム宣言の受諾/藤村道生

玉砕──その「構図」と精神的風土/黒沢文貴(東京女子大学教授)
戦術としての〈特攻〉/櫻井良樹(麗澤大学教授)
戦時下の教育──学徒動員と学童疎開/斎藤聖二(茨城キリスト教大学教授)

[コラム]
東京大空襲──昭和二十年三月十日/伊藤正徳(聖徳学園中学・高等学校教諭)

●全国主要都市の空襲被害/大島明子(晃華学園中学・高等学校教諭)
●連合軍の反攻から原爆投下まで/大島明子
●広島・長崎の原爆被害地図
●満州開拓団とソ連軍の進入/大島明子

◎図版・事項・コメント解説 大島明子/自石仁章(外務省外交史料館外務事務官)/編集部

西洋家具ものがたり(20)裁判所会議室の重々しいセゼッション/小泉和子(京都女子大学教授)
祭りと年中行事(98)子安地蔵会式大法会(奈良)/桑原英文