日本の歴史 114号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

日本の歴史 114号

定価:524円(税込)
表紙:東京裁判(一九四七年) 写真 毎日新聞社
発売日:2004年8月5日
  114号 

品切れ・再販未定

東京裁判 <十五年戦争の責任>

◆天皇、日本国民、アジアの不在/大沼保昭(東京大学教授)
訴追と免責──被告の選定/粟屋憲太郎(立教大学教授)
審判──法と法廷/奥原敏雄(国士舘大学名誉教授)
「史観」と「真相」──裁きを免れたもの/秦郁彦(現代史家)
BC級戦犯──遺書集・手記に見る/内海愛子(アジア太平洋資料センター代表理事)

世界史の中の東京裁判──戦争・国家・個人/長尾龍一(日本大学教授)
昭和天皇の戦争責任について/吉田裕(一橋大学教授)
対談「東京裁判の受けとめ方」/木下順二(作家)+大沼保昭

[コラム]
山下奉文と本間雅晴/住谷雄幸(元国立国会図書館職員)

●東京裁判と当時の世論──「宿命」への黙従/粟屋憲太郎
●ニュルンベルク原則の意義──その後の世界に対する影響/奥原敏雄
●裁きを受けた人たち──A級戦争犯罪人

◎図版・事項・コメント解説 粟屋憲太郎/奥原敏雄/内海愛子/吉田裕/住谷雄幸/小田部雄次(静岡福祉大学教授)/編集部

西洋家具ものがたり(23)藤家具・曲木家具・文化セット/小泉和子(京都女子大学教授)
祭りと年中行事(101)大踊り(奈良)/桑原英文