週刊20世紀 79号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊20世紀 79号

定価:586円(税込)
発売日:2000年8月3日
  79号 

品切れ・再販未定

フロントページ
1944「『玉砕』に次ぐ『玉砕』」/100通りのことば「これ果して誰の罪なりや」


総力特集
落日の大日本帝国

[特集1]
「神風特攻」、死に向かっての出撃 敗退続く日本軍・断末魔の戦術
 /森本忠夫(エコノミスト)
[特集2]
和平への道途絶え 枢軸国軍は末期症状
 /大濱徹也(筑波大字教授)
[特集3]
銃後の少国民の戦争体験
 /山中 恒(作家)
[特集4]
日系人11万人を米大統領命令で強制隔離
 /猿谷 要(東京女子大学名誉教授)
[特集5]
アメリカで原子爆弾が完成へ
/友清裕昭(科学ジャーナリスト)
[特集6]
戦争と経済─国のふところ、国民の財布
/大谷 健(ジャーナリスト)

ひと
大西瀧治郎
海軍航空戦力育ての親が持攻攻撃を命じた歴史の皮肉
アンネ・フランク
ナチの目を逃れ隠れ家での生活を綴ったユダヤ人少女の日々

クロニクル1944
写真と年表でこの年を振り返る

[1-3月]大劇場が閉舘、軍需工場に/食糧難で「雑炊食堂」
[4-6月]大相撲も“青天井”場所/昭和新山が誕生
[7-9月]女ばかりのオフィス街/ヒトラー暗殺失敗
[10-12月]那覇が空襲で壊滅/風船爆弾作戦を発動


20世紀社会面
朝日新聞、東京日日、読売新聞などの記事に当時の世相を見る

正木ひろし弁護士が執念の告発「首なし事件」/戦争が女性を職場に招いた/享楽追放、演劇や料亭が目の敵に/連載「読者秘蔵写真館」─慰問写真の子どもたち ほか

ギャラリー 13
ジャングルの中、決死隊は出発する

20世紀コレクション 33 学童疎開
親から引き離され、空腹の毎日だった子どもたち 苦難は敗戦後も続いて

冥銘録[物故者を追悼する]
頭山 満/汪兆銘/サン=テグジュペリ ほか

ふるさと人国記
宮崎(下)落人甦りの伝説の中に流れる開かれた理想郷づくりの心意気

素顔の宰相 [54]
小磯国昭 器用で陽気、図太い社交家も陸軍にソッポ向かれて立ち往生

歴史をあるく
食糧難の救世主「サツマイモ資料館」(埼玉県川越市)

広告と生きた世紀 [73]
陸軍記念日“最後の”ポスターとなった『断』(大政翼賛会・日本宣伝協会)