週刊20世紀 89号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊20世紀 89号

定価:586円(税込)
発売日:2000年10月12日
  89号 

品切れ・再販未定

フロントページ
1992「『コロンブスの年』ノーベル平和賞」/100通りのことば「自由になりたくないかい」


総力特集
「縄文」の大発見

[特集1]
「縄文」の大発見!青森・三内丸山遺跡
 /古澤陽子(「アサヒグラフ」編集委員)
[特集2]
岩崎恭子が金メダル 冬・夏季オリンピック
 /小松美冬(スポーツライター)
[特集3]
若者たちの代弁者 尾崎豊、突然の死
 /斎藤次郎(教育評論家)
[コラム]
「時代のきまぐれ」に連れ出されてしまった
[特集4]
旧ユーゴスラビアで大虐殺 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争
 /吉岡 忍(ノンフィクション作家)
[特集5]
差別判決に激怒 ロスで黒人暴動
 /金賛汀(ノンフィクション作家)

グラフで見る20世紀
世界難民地図


ひと
クリントン
仮面だったリベラル。冷戦後、“人道的”軍事介入を編み出す
小沢一郎
「失われた10年」の混迷を演出した叛逆児

クロニクル1992
写真と年表でこの年を振り返る

[1-2月]クレムリンでロック/水俣病で行政責任問われず
[3-4月]東海道新幹線に「のぞみ」/角さん、中国の友情に泣く
[5-6月]国後島に初のビザなし渡航/「PKO協力法」が成立
[7-8月]今給黍さん、ヨットで世界一周/中国と韓国が国交樹立
[9-10月]毛利さんが宇宙で授業/「作曲家・大江光さん」デビュー
[11-12月]琉球王朝の首里城正殿が復元/チェッカーズ解散


20世紀社会面
朝日新聞、週刊朝日、アサヒグラフなどの記事に当時の世相を見る

バブルはじけ、長い谷間へ/町の本屋さんが消えて行く/孤独死、電車内で5時間気付かれず/世紀残像─海底の世界に魅了されてしまった/子ども百景─都心の学校、さびしい入学式/活字の周辺『それいけ×ココロジー』/はやり歌「白い海峡」/生きもの往来─コカリコン/映画「ミンボーの女」

冥銘録[物故者を追悼する]
中上健次/太地喜和子/小川紳介 ほか

ふるさと人国記
兵庫(下)五つの顔を持った広域複合県が輩出した多種多様な人材

戦後政界の実力者 [22]
土井たか子 「負けず嫌い、のめり込み」型政治的駆け引きや調整は苦手

広告と生きた世紀 [81]
獲物=食料の逆襲にあう飽食の現代人を風刺(日清食品)