週刊20世紀 97号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊20世紀 97号

定価:586円(税込)
発売日:2000年12月7日
  97号 

品切れ・再販未定

メディアの100年
フロントページ
「ラジ王」ヒトラーと「シネ王」チャプリン/鶴見俊輔


日本のジャーナリズム
新聞の100年

問われる「画一性」からの脱皮
桂 敬一(東京情報大学教授)
[コラム]“客観報道”に風穴を開けた「黒田軍団」
工藤貫一(ジャーナリスト)


言論の統制
権力の弾圧と自主規制の歴史
原 寿雄(元共同通信社社長)

COLUMN 記者クラブ
“不思議の国”の不思議な記者クラブ
ゲプハルト・ヒールシャー(元南ドイツ新聞東京支局長)
サム・ジェームソン(元ロサンゼルス・タイムズ東京支局長)


ベストセラー物語
“福澤本”、円本からテレセラーまで
植田康夫(上智大学教授)
[エッセイ]小さくとも鋭い主題の発見と創造を
原田奈翁雄(「ひとりから」主宰)


COLUMN 週刊誌
新聞との違いを売り物に疾走を続ける
村上義雄(編集部)


COLUMN 戦後のマンガ
日本を代表する大衆文化
米沢嘉雄(マンガ評論家)


テレビの50年
ジャーナリズムからますます遠くなっていく
坂元良江(テレビマンユニオン)

COLUMN メディアと権力
「通信傍受法」「オウム新法」とマスコミ
佐高 信(評論家)


ラジオの時代
国民をひとつにしたラジオ放送
藤竹 暁(学習院大学教授)

広告の世紀
社会批判性を喪失したメディア
山本武利(一橋大学教授)
[コラム]時代の目撃者
中井幸一(広告評論家)


世界とメディア
電信からインターネットへ

近代を現代に変えた電気メディア
服部 桂(朝日新聞編集委員)

マスコミを一変させるIT革命
浜野保樹(東京大学教授)

メディアの騎手
黒岩涙香/マーシャル・マクルーハン/桐生悠々/岩波茂雄/大宅壮一/正力松太郎/テッド・ターナー/ビル・ゲイツ


クロニクル メディアの100年