週刊街道をゆく【欧米編】 53号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊街道をゆく【欧米編】 53号

定価:586円(税込)
表紙:ロンドンのビッグ・ベン
発売日:2006年1月24日
  53号 

品切れ・再販未定

愛蘭土(アイルランド)紀行3

ロンドン リヴァプール

核心抄録

「民族的にはアングロサクソン民族と、ケルト民族の連合ということになる」

「街道」を読み解く(53)「涙の港」としてのリヴァプール/松本健一
ひと目でわかる 『街道をゆく』ルートマップ

愛蘭土紀行 抄録1

「古きものはすべてのこす。というのが、ロンドン市民の精神である」

その文化 ロンドンの漱石――巨大都市の奥の愛蘭土に触れる/多胡吉郎

その歴史 英国本島に点在するケルト文化の名所/武部好伸

愛蘭土紀行 抄録2

「アイルランド人が吐きだすウィットあるいはユーモアは、死んだ鍋のように当人の顔は笑っていない」

その人物 ザ・ビートルズ その音楽はもはや“世界遺産”/湯川れい子

愛蘭土紀行 抄録3

「この豪華さこそ、アイリッシュ・カトリックの心意気というべきものであろう」

その風土 リヴァプール――寛容と平和の時代を先導/高橋哲雄

その歴史 イングランドによるアイルランド「征服」/森ありさ

リレー紀行(53)
立松和平がゆく「リヴァプール」

ビートルズよ永遠に


[連載]

黒鉄ヒロシの「街道」名場面(53)ビートルズ、世界へ


[エッセイ]

私のお薦めグルメ(3)
アフタヌーン・ティー


旅情報 街道を旅するために


「街道」アルバム 司馬番には「予断」は禁物


司馬さんの参考文献(53) ラフカディオ・ハーン『怪談』 内田忠賢