週刊街道をゆく【欧米編】 57号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊街道をゆく【欧米編】 57号

定価:586円(税込)
表紙:サン・ジャン・ピエ・ド・ポール村
発売日:2006年2月21日
  57号 

品切れ・再販未定

南蛮(なんばん)のみち1

フランス スペイン

核心抄録

「キリスト教もまた、側面において巡礼の歴史であった」

「街道」を読み解く(57)ザヴィエルの痕跡をさぐる旅/松本健一
ひと目でわかる 『街道をゆく』ルートマップ

南蛮のみち 抄録1

「『南蛮』とはなにかということをこの旅で感じたい」

その歴史 バスクを支える故郷へのアイデンティティー/渡部哲郎

その文化 ブルターニュに息づくケルト文化/武部好伸

南蛮のみち 抄録2

「もともとフランシスコ・ザヴィエルは僧侶などなりたくはなかった」

コラム カルチェ・ラタンが生んだユマニストたち/宮下志朗

南蛮のみち 抄録3

「帆立貝のしるしからみて、この家が巡礼宿であるにちがいないとおもった」

その人物 カンドウ神父 日本での宣教に捧げた生涯/池田敏雄

その歴史 聖地サンティアゴへの巡礼とその背景/馬杉宗夫

リレー紀行(57)
佐々木 譲がゆく「フランス・バスク」

バスク人ザヴィエルの足跡


[連載]

黒鉄ヒロシの「街道」名場面(57)ザヴィエルとロヨラ


[エッセイ]

私のお薦めグルメ(7)
レストラン「ル・ブリストル」


旅情報 街道を旅するために


「街道」アルバム


司馬さんの参考文献(57) 『カンドウ全集』萩尾 生


「街道」が書かれた時代