週刊街道をゆく【欧米編】 58号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊街道をゆく【欧米編】 58号

定価:586円(税込)
表紙:ザヴィエル城
発売日:2006年2月28日
  58号 

品切れ・再販未定

南蛮(なんばん)のみち2

スペイン

核心抄録

「バスクには、バスク語以外、
固有の文化は何一つない」

「街道」を読み解く(58)バスクという「祖国」/松本健一
ひと目でわかる 『街道をゆく』ルートマップ

南蛮のみち 抄録1

「国境線については、バスク人のあずかり知らないところだった」

その歴史 スペイン帝国の没落を象徴するピレネー条約/関 哲行

その風土 ピレネー越えの巡礼者を励ました『ローランの歌』/月村辰雄

南蛮のみち 抄録2

「フランシスコ・ザヴィエルは死後も可憐な戦闘者であるようだ」

その人物 フランシスコ・ザヴィエル 故国の人々が寄せる篤い信心/岸野 久

南蛮のみち 抄録3

「山バスク人が海外へゆこうという気分がすこし理解できたような気もした」

その歴史 持続的発展をめざすバスク――自立の主張と自律性の模索/萩尾 生

コラム バスク語が生きている町アスペイティアから/吉田浩美

リレー紀行(58)
佐々木 譲がゆく「スペイン・バスク」

カトリックならざるバスクを見つけた旅


[連載]

黒鉄ヒロシの「街道」名場面(58)天正遣欧少年使節


[エッセイ]

私のお薦めグルメ(8)
タパス


旅情報 街道を旅するために


「街道」アルバム


司馬さんの参考文献(58) 『最初のバスク語の本』萩尾 生