元サッカー日本代表の内田篤人さんが“パパの子育て”を語る 「AERA with Baby」スペシャル保存版2月15日(月)発売/特集は「解決! 子育ての基本の悩み」

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA with Baby 解決! 子育ての基本の悩み』(2月15日発売)

アエラムックスペシャル保存版『AERA with Baby 解決! 子育ての基本の悩み』が2月15日(月)に発売されます。巻頭インタビューには、元サッカー日本代表の内田篤人さんが登場。4歳と1歳の女の子を育てている内田さんが、子育ての楽しさを存分に語っています。特集「解決! 子育ての基本の悩み」には、0歳~未就学児の育児のヒントをたっぷり詰め込みました。コロナ禍で人とつながることが難しくなりちょっとした相談もしづらいなかで、この本を「おばあちゃんの知恵袋」みたいに活用してください。

巻頭インタビューに登場する内田篤人さんは2児のパパ。子どもが生まれて「サッカーより大事なものができたな」と感じたそうです。昨年8月の引退セレモニーではピッチに子どもと立ち、夢を叶えたと言います。一番ほしい育児アイテムは?の問いに、「おっぱいです!」と答えた内田さん。ギャン泣きしていた我が子がおっぱいをあげた瞬間、ニコニコ顔になる姿を見て、妻にジェラシーすら感じるそうです。多くのパパたちの実感かもしれませんね。そんな内田さんは、子育てでは「エースであり、キャプテンであり、監督のママをフォローするのが僕の役目」と語り、子育てを存分に楽しんでいるようです。

特集「解決! 子育ての基本の悩み」では、寝かしつけ、食べ物の好き嫌い、イヤイヤ期など誰もが悩むポイントについて専門家が優しくアドバイスしています。アンケートで最も悩みの声が多かった寝かしつけについては、「2歳までに睡眠リズムを整える」「お風呂は就寝1時間前に」「日中は日の光を浴びて、夜はスマホの光を控える」などが大事だそうです。わかっていてもなかなかうまくいかないのが育児。夜泣きなどに悩んでいる親たちも多いと思いますが、専門家のアドバイスは「あまり構いすぎず、赤ちゃんが自力で寝る力を養うことも大事」。親がストレスをためず、おおらかにいることが重要なようです。ほかにもQ&A形式でたくさんのアドバイスがあり、子育てをラクにするヒントが見つかります。

コロナ禍のテレワークで、夫婦ともに自宅で過ごす時間が増えた人も多いでしょう。いまが家事育児の分担を見直す絶好の機会です。家事育児について詳細に100項目を挙げ、それらについて分担割合を話し合うきっかけとする、コロナ禍版「家事育児100タスク表」を掲載していますので、ぜひ見直しに活用してください。夫婦でこの表を見ながら分担の見える化をし、それぞれに最適な形を探ってください。

ほかにも、
・母乳って悩ましい!
・子育て医療情報を正しく知ろう
・コロナ禍に働きながら子育てする 育休復帰と保活
・これって産後うつ?
・手編みニットにトライ!
・親子でルンルンクッキング
など、多彩な企画が満載です。