新型コロナ・東京オリパラ・総選挙……「2021年の重大ニュース」を特集/スペシャル企画はデビュー10周年のSexy Zone/「ジュニアエラ12月号」は11月15日(月)発売

このエントリーをはてなブックマークに追加


『ジュニアエラ 2021年12月増大号』(11月15日発売)

小中学生向けニュース月刊誌『ジュニアエラ12月号』は11月15日(月)発売。12月号は今年のニュースを総まとめした「2021年の重大ニュース」を特集します。時事ニュースのキーワード88個を集めた別冊付録もついていて、合わせて読めば中学・高校受験などの勉強に役立つこと間違いなしです。スペシャル企画には、デビュー10周年を迎えるSexy Zoneが4人で登場。それぞれが「過去・現在・未来」を語ります。学びも楽しさも詰まった一冊です。

新型コロナウイルス感染症、東京オリンピック・パラリンピック、総選挙、世界遺産に2件登録、地球温暖化による気象災害など、今年もたくさんのニュースがありました。この号では、写真や図版、イラストなどをふんだんに使って、ジュニアエラ流にわかりやすく解説します。米中対立を中心とした国際社会の状況もわかりやすく分析。解説するのは中学受験の専門家である、文教大学地域連携センター講師の早川明夫先生です。早川先生は、時事問題は中学受験に出題される傾向が高まっていて、親子で会話することが大事だと言います。この号を親子で読んで、時事問題に対する理解を深めてください。

本誌と合わせて、別冊付録もニュースの理解を深めるのに役立ちます。いま知っておくべきニュースのキーワードを88個集め、コンパクトにわかりやすく解説しました。中学・高校受験に向けた勉強にもバッチリ役立ちます!

スペシャル企画には、本誌で連載をしているSexy Zoneが4人で登場します。いつもの連載では子どもたちからの質問に答えていますが、今回は自分たちの過去・現在・未来を語りました。佐藤勝利くんは「ものすごく愛をもって10周年を祝ってもらえるのがうれしい」。中島健人くんは、セクゾらしさについて「一人ひとりが最強を目指していたら、いつのまにか一つの場所に集まっていた」ことだと言います。菊池風磨くんは未来に向け「僕も含めて未完成」とし、松島聡くんは未来と言えば「お客さんがマックスに入っているライブの光景」をイメージすると言います。4人4様の個性が光っています。

もう一人、スペシャルインタビューにはNHKの連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」でヒロインを務める上白石萌音さんが登場。夢だったという朝ドラのヒロインで、みんなに元気を届けたいと語ります。その上白石さんが、小中学生時代に夢中になったことはなんでしょう? ジュニアエラに寄せられた子どもたちからの質問にも答えてくれました。

ほかにも、
・ニュースが知りたい 地球温暖化研究でノーベル賞
・ニュースが知りたい メルケル政権の16年を振り返る
・ニュースが知りたい ワクチンパスポートってなに?
・旬のたべものレストラン リンゴ
・歴史人物 ON STAGE 勝海舟・ジョン万次郎・福沢諭吉
・子ども地球ナビ ドイツの男の子
・サイエンスジュニアエラ 青いガラス玉が弥生時代に「草原の道」を1万㎞!
・パックンのすぐに使えるオモシロ英語
・「東大クイズ王」に挑戦!! 謎解きクイズノック
・ニュースのニューシ問題 中学受験2022予想問題〈日本編〉
など、多彩な企画が満載です。

月刊 ジュニアエラ 2021年12月増大号
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=23258