【異例の重版決定!】羽生結弦さん表紙の「AERA10月10-17日合併号」

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』2022年10月10日-17日合併増大号(10月3日発売)

プロスケーターの羽生結弦さんを写真家・蜷川実花が撮り下ろし、大反響を呼んでいる「AERA10月10-17日合併号」。朝日新聞出版は、週刊誌としては異例の重版を決定しました。ほかでは見たことのない神秘的、幻想的な写真と、プロ転向後の思いを語った独占インタビューが話題を呼び、全国の書店やネット書店で完売、品薄状態が続いています。重版分は13日以降、順次店頭やネット書店に並びます。

この号の表紙は、白、青、ゴールドの花をバックに、まっすぐな視線を向ける羽生さん。手にした読者からは「想像を遥かに超えてきた。美しすぎる」「この世のものとは思えない」「神々しい」など、感嘆とも悲鳴ともつかない喜びの声が届いています。

中面には全11ページにわたる独占ロングインタビューとグラビアページもあり、表紙とはまた違う羽生さんの姿をとらえました。凛とした鋭いまなざし、憂いをたたえた表情、満面の笑みなど、さまざまな羽生さんに出会えます。

独占ロングインタビューは、羽生さんの3度の五輪などを現地で見てきた、朝日新聞スポーツ部の後藤太輔が担当。旧知の記者にだからこそ語れるプロ転向後の率直な思いが伝わってくる内容です。「スケートをやって、何かしら表現して、苦しくて、つらくて。でも、それがないと、やっぱり生きている心地がない」「みんなが幸せだから、自分も幸せっていうふうに思いますね」など、羽生さんの生の言葉をお見逃しなく。加えて、これまでのインタビューや会見の言葉から、羽生さんの印象的な言葉10個を後藤がセレクトした名言集も必見です。

その他さまざまな記事が詰まった一冊です。

【Contents】

・羽生結弦まっすぐな思い 「スケートがあるから生きていると思える」
・Hanyu Yuzuru×Ninagawa Mika 羽生結弦の言葉10選
・フィギュアGPシリーズ開幕へ 宇野昌磨と鍵山優真と「第3の男」
・【時代を読む】円安は悪か 利点にも注目
・安倍晋三元首相の国葬 世論二分「分断」あおった
・表現で伝える被災物の声 宮城県気仙沼市のリアス・アーク美術館
・大谷翔平vs.ジャッジ MVPの行方
・朝ドラリレー鑑賞 ちむどんどん→舞いあがれ!
・トップの辞任と企業コンプライアンス 昭和の価値観はアウト
・メガはもう全然大きくない 10の30乗「クエタ」登場
・「トナラー」の意外な心理 なぜ隣に座るのですか?
・全ては榊マリコでいるために 「科捜研の女」沢口靖子
・ダイアナ元妃を本当に"殺した"のは誰か
・向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン
・King & Princeライブレポート 全力で届けた「絆」
・教育や習い事もあきらめない「働くからこそ幼稚園」
・中学受験本番に向けアドバイス "魔の月"ドンと構えて
・現代の肖像 ガレッジセール・川田広樹
・松下洸平 じゅうにんといろ


などの記事を掲載しています。

AERA 2022年10月10日-17日合併増大号
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=23815