「平成猿蟹合戦図」がWOWOWでドラマ化!

このエントリーをはてなブックマークに追加


「平成猿蟹合戦図」文庫版は3月7日発売!


「平成猿蟹合戦図」主演の高良健吾さん、鈴木京香さん

連続ドラマW「平成猿蟹合戦図」(2014年放送予定)

「悪人」で知られる吉田修一の傑作小説を行定勲監督がドラマ化。
歌舞伎町のバーテンダー、国政選挙に挑む!鈴木京香、高良健吾の初共演でおくる爽快エンターテインメント。

 「悪人」「横道世之介」などで知られる人気作家・吉田修一による傑作長編小説をドラマ化。敏腕アーティストマネージャー、どこか抜けていて憎めない歌舞伎町のバーテンダー、独り者のチェロ奏者、冴えないホスト、子連れのホステス…など、心優しき普通の人々が、少しの勇気と信じる力で、この国の未来を変える“戦い”に挑んでいく! 
 鈴木京香、高良健吾が初共演。そして、『世界の中心で、愛をさけぶ』(’04)等数々のヒット作を手がけ、同じ吉田修一原作の『パレード』(’10)ではベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞した行定勲が連続ドラマ初監督に臨む。

<ストーリー>
 東京・歌舞伎町で起きたひき逃げ事件。目撃したバーテンダー、浜本純平(高良健吾)は逮捕された男と現場にいた男が別の人物だと気づく。どうやら真犯人は世界的チェロ奏者の湊圭司で、兄が罪をかぶっているようだ。純平は一攫千金を狙って弟分のホスト・朋生と一緒に湊をゆすることにしたが、そこへ立ちはだかったのが湊の敏腕マネージャー・園夕子(鈴木京香)。その存在感に圧倒された純平はあっさり降参してしまう。一方で、夕子も、どこか憎めずみんなから愛されている純平のキャラクターに興味を持つ。やがて夕子の宿敵たる巨悪が姿を現わし・・・まったく別の世界で生きてきた2人の意図せぬ出会いから、湊、朋生を追って上京したホステス・美月、純平が働く韓国クラブのママ・美姫、その恋人で元ヤクザの高坂、湊の姪の美大生・友香ら、周囲の人間たちを巻き込んだ、日本を揺るがす(??)大騒動が始まる!


原作:吉田修一「平成猿蟹合戦図」(朝日新聞出版)
脚本:羽原大介(『パッチギ!』『フラガール』「ダブルフェイス」)
監督・脚本協力:行定勲(『世界の中心で、愛をさけぶ』『北の零年』『パレード』)
出演:鈴木京香、高良健吾 ほか


「平成猿蟹合戦図」(単行本)

「平成猿蟹合戦図」文庫判は、3月7日発売。

電子書籍版も同時発売!Kindle版はこちら