第8回朝日時代小説大賞は木村忠啓氏『堀に吹く風』に決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加


『小説トリッパー』2016年秋季号(9月16日発売)

 第8回朝日時代小説大賞(主催・朝日新聞出版、協賛・テレビ朝日)は、203編の応募作のうち予備選考を経た最終候補作4編について、選考委員の縄田一男、葉室麟、松井今朝子の3氏(50音順)が審議し、木村忠啓(きむら・ちゅうけい)氏の「堀に吹く風」に決定いたしました。
 第8回の選評は、週刊朝日別冊「小説トリッパー」16年秋季号(9月16日発売予定・一部地域で発売日が異なります)に掲載いたします。


 次回の第9回朝日時代小説大賞の締め切りは、12月20日(当日消印有効)です。長編の時代小説で未発表のものを400字詰め原稿用紙換算で300~400枚で、朝日時代小説大賞事務局あてに郵送してください。受賞作は朝日新聞出版から刊行するほか、優秀な応募作品についてはテレビ朝日でのドラマ化を検討します。詳細な応募規定は「小説トリッパー」16年秋季号をご覧ください。

<応募先>
〒104-8011(住所不要) 朝日新聞出版・朝日時代小説大賞事務局 あて