第43回木村伊兵衛写真賞の受賞者が決まりました

このエントリーをはてなブックマークに追加

 第43回(2017年度)木村伊兵衛写真賞の受賞者は小松浩子氏と藤岡亜弥氏の2氏に決まりました。

 対象作は、小松氏が展示「The Wall, from 生体衛生保全, 2015」(「THE POWER OF IMAGES」出展作)および展示「人格的自立処理」(「鏡と穴-彫刻と写真の界面 vol.4 小松浩子」出展作)、藤岡氏が写真集『川はゆく』および展示「アヤ子、形而上学的研究」です。本賞は、写真家の故木村伊兵衛氏の業績を記念し1975年に創設され、各年にすぐれた作品を発表した新人写真家を対象とします。選考委員は、石内都、鈴木理策、ホンマタカシの写真家3氏と、作家の平野啓一郎氏です。

 受賞作品展は4月24日~5月7日、東京・新宿のニコンプラザ新宿 THE GALLERY 1で、6月14日~20日、ニコンプラザ大阪 THE GALLERYで開催します。