國華 第1518号 第127編 第9冊

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

トップ

國華 第1518号 第127編 第9冊

ISBN:9784022915184
定価:5500円(税込)
発売日:2022年4月20日
  第1518号 第127編 第9冊 

定期購読を申し込む

amazon.co.jp

楽天ブックス

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。
ご注文はお近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)でも承ります。
論文

新出「程嬰杵臼豫譲図屏風」考察

執筆=マシュー・マッケルウェイ(コロンビア大学)


狩野興以の法橋叙任

執筆=五十嵐公一(大阪芸術大学)


蕪村謝寅試論

執筆=河野元昭(國華社)

解説

与謝蕪村筆 倣唐寅夏山訪隠図

執筆=佐藤康宏(美術史家)

図版

程嬰杵臼豫譲図屏風

紙本金地着色 6曲1隻 縦152.3cm 横371.8 cm

全図[図版1・カラー]
第二・三扇[図版2・カラー]
第五・六扇部分[図版3・カラー]
個人


狩野興以筆 虎渓三笑図

[図版4・カラー]
香川県 七宝庵コレクション

紙本墨画淡彩 1幅 縦111.2 cm 横48.8cm


狩野興以筆 西湖図

[図版5・カラー]
石川県立美術館

紙本墨画淡彩 1幅 縦44.7 cm 横 82.4 cm


与謝蕪村筆 倣唐寅夏山訪隠図

[図版6・カラー]
個人

絹本淡彩 1幅 縦129.3 cm 横55.2 cm


次号予告

『國華』 KOKKA
第1519号 第127編 第10冊
定価 7000円+税
2022年5月20日発売予定


特輯 円覚寺の美術 書画篇


<論文>

  • 円覚寺の文化財─―宝物が語る円覚寺史
    執筆=梅沢 恵

  • 『仏日庵公物目録』と禅林文化圏の形成
    執筆=高橋範子

<解説>

  • 元時代・伝牧谿筆 白衣観音図
    執筆=板倉聖哲(國華社)
  • 高麗時代・地蔵菩薩像
    執筆=塚本麿充(東京大学)
  • 高麗時代・紺紙金字仏説観普賢菩薩行法経
    執筆=板倉聖哲(國華社)
  • 五百羅漢図
    執筆=高橋真作(東京国立博物館)
  • 仏涅槃図
    執筆=梅沢 恵(神奈川県立金沢文庫)
  • 山田道安筆 鍾馗図
    執筆=高橋真作 (東京国立博物館)
  • 原在中筆 泊船庵図
    執筆=河野元昭(國華社)
  • 松平不昧筆 愼獨
    執筆=水田至摩子(畠山記念館)

<図版>

  • 夢窓疎石像
    [図版1・カラー]
    黄梅院
    絹本着色 1幅 縦120.8㎝、横53.8㎝
  • 仏日庵公物目録
    [図版2・カラー]
    円覚寺
    紙本墨書 1巻 縦30.1㎝ 全長443.0㎝
  • 伝牧谿筆 白衣観音図
    [図版3・カラー]
    円覚寺
    絹本墨画 1幅 縦155.0㎝ 横93.6㎝
  • 地蔵菩薩像
    [図版4・カラー]
    円覚寺
    絹本着色 1幅 縦239.4㎝ 横130.0㎝
  • 紺紙金字仏説観普賢菩薩行法経 見返し絵
    [図版5・カラー]
    円覚寺
    紙本金字金銀泥絵 折本装 1帖 縦29.1㎝ 横11.0㎝
  • 五百羅漢図
    [図版6・カラー]
    円覚寺
    紙本着色 33幅の内 各縦159.5㎝ 横90.5㎝
  • 仏涅槃図[図版7・カラー]
    円覚寺
    絹本着色 1幅 縦272.0㎝ 横185.8㎝
  • 山田道安筆 鍾馗図
    [図版8・カラー]
    円覚寺
    紙本墨画淡彩 1幅 縦103.4㎝ 横47.0㎝
  • 原在中筆 泊船庵図
    [図版9・カラー]
    円覚寺
    絹本着色 1幅 縦51.4㎝ 横84.1㎝
  • 松平不昧筆 愼獨
    [図版10・カラー]
    円覚寺
    紙本墨書 双幅 各縦266.0㎝ 横256.0㎝

國華編輯委員

主幹   佐野みどり
      河野 元昭
      小松 大秀
      島尾 新
      佐藤 康宏
      佐藤 道信
      大久保純一
      奥 健夫
      板倉 聖哲

顧問

      辻 惟雄
      小林 忠

発行

國華社
郵便番号 104-0045
東京都中央区築地 5-3-3 築地浜離宮ビル 3階
電話 03-5550-5015 or 03-5540-7650
ファクシミリ 03-5540-7651