日本の国宝 83号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

日本の国宝 83号

定価:586円(税込)
表紙:安国寺経蔵 八角輪蔵 撮影・桑原英文
発売日:1998年9月14日
  83号 

品切れ・再販未定

三重/専修寺 金剛證寺 神宮、岐阜/永保寺 護国之寺 安国寺
専修寺に伝わる親鸞自筆の書2件、平安のタイムカプセル経塚出土品、日本書紀の編纂にも使われた漢字辞書。そして禅宗建築の粋と仏具の工芸美。海に面して穏やかな三重県と山々に囲まれて重厚な岐阜県。海路と陸路で東国と西国を結んだその地の文化の香りをお伝えします。

国宝解説
西方指南抄/三帖和讃(以上専修寺)
伊勢国朝熊山経ケ峯経塚出土品(金剛證寺)
玉篇巻第廿二(神宮)
永保寺開山堂/永保寺観音堂金銅獅子唐草文鉢(護国之寺)
安国寺経蔵

所蔵先紹介
専修寺--関東で誕生し、津に移った名刹
金剛證寺--神仏習合で神宮の奥院とされた名刹
神宮--天照大神を祀る日本最大の祭祀組織
永保寺--風光明媚な禅宗の名刹
護国之寺--勅願により行基開山の古刹
安国寺--南北朝の戦没者を弔った名刹

歴史と文化
伊勢湾の湊が東西を結ぶ(三重)
古代から東西文化が交流(岐阜)

特集
神宮の儀式に見る古制継承の知恵

コラム
伊勢の山間に残る都の文化
都をつくった飛騨匠たち