日本の国宝 88号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

日本の国宝 88号

定価:586円(税込)
表紙:籬菊螺鈿蒔絵硯箱(部分) 鶴岡八幡宮蔵 撮影・堤勝雄
発売日:1998年10月20日
  88号 

品切れ・再販未定

神奈川/鶴岡八幡宮 清浄光寺 川端康成記念会 常盤山文庫
中世の鎌倉は、源頼朝の幕府創立以来、都市として急激に成長しました。その中心に位置したのが、源氏の氏神として栄えた鶴岡八幡宮です。一方で、幕府から鎌倉入りを禁じられた日蓮、一遍らはその境界・周辺地域で活発な布教を行い、下層の人々をはじめとする支持を受けました。

国宝解説
籬菊螺鈿蒔絵硯箱/古神宝類2件/太刀 銘正恒(以上鶴岡八幡宮)
一遍上人絵伝(清浄光寺、歓喜光寺)
十便図・十宜図/凍雲篩雪図(以上川端康成記念会)
馮子振墨蹟/清拙正澄墨蹟(以上常盤山文庫)

所蔵先紹介
鶴岡八幡宮--源氏の氏神として栄える
清浄光寺--時宗の総本山遊行寺
川端康成記念会--功績を記念し遺品を保存
常盤山文庫--中心は墨・禅・中世の美術品

特集
中世都市・鎌倉文人画の成立と展開

コラム
大雅と蕪村
川端康成の愛した美術品