日本の国宝 97号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

日本の国宝 97号

定価:586円(税込)
表紙:洛中洛外図(部分) 米沢市蔵
発売日:1998年12月22日
  97号 

品切れ・再販未定

宮城/瑞巌寺 大崎八幡宮、福島/龍興寺 勝常寺 願成寺、山形/月山神社・出羽神社・湯殿山神社 米沢市立上杉博物館 致道博物館
伊達家の菩提寺である瑞巌寺と、権現造の最古例である大崎八幡宮社殿はともに華麗な桃山建築の特徴をよく示しています。米沢・上杉家に伝わった洛中洛外図屏風と修験の聖地・出羽三山。福島には平安時代の仏像や阿弥陀堂、装飾経。多彩な南東北の歴史と文化財を訪ねます。

国宝解説
瑞巌寺本堂/瑞巌寺庫裏及び廊下
大崎八幡宮
一字蓮台法華経(龍興寺)
薬師如来及び両脇侍像(勝常寺)
願成寺阿弥陀堂
羽黒山五重塔(月山神社・出羽神社・湯殿山神社)
洛中洛外図(米沢市)
太刀 銘信房作/太刀 銘真光(以上致道博物館)

所蔵先紹介
瑞巌寺--壮麗な伊達家の菩提寺
大崎八幡宮--長い歴史をもつ社
龍興寺--法華経伝える寺
勝常寺--会津領主の帰依で繁栄
願成寺--浄土庭園の中の阿弥陀堂
出羽三山神社--修験の聖地
米沢市立上杉博物館--米沢藩ゆかりの文物
致道博物館--藩主酒井家ゆかりの史料

歴史と文化
桃山とみちのく文化の融合・伊達文化(宮城)
徳一と会津の仏教文化(福島)
出羽三山の修験道(山形)

特集
東北の仏像群にみる独自性