日本の国宝 101号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

日本の国宝 101号

定価:586円(税込)
表紙:東京名所上野公園地 内国勧業博覧会美術館之図(部分) 写真・東京国立博物館
発売日:1999年1月26日
  101号 

品切れ・再販未定

テーマ編/国宝と文化財
「テーマ編」のはじまり。これまで所蔵先別に見てきた国宝を、歴史的な流れのなかで見直すための10冊です。この号では、そもそも国宝とは何か、どのような経緯で生まれたのか、また、国宝を頂点とする日本の文化財保護の仕組みを解説し、文化財を守ることの意義を考えます。

世界的視野から文化財を見る
--日本の文化財と世界の文化遺産/平山郁夫(東京芸術大学名誉教授)

古器旧物の流出を防ぐのが事始め
--日本の国宝・文化財保護の歴史/渡邊明義(東京国立文化財研究所長)

廃仏毀釈と金堂炎上の悲劇を越えて
--法隆寺の文化財保護の歩み/高田良信(法隆寺管長)

益田鈍翁は「指定」嫌いだった
--民間コレクションと国宝・文化財/田中日佐夫(成城大学教授)

未来へ文化的遺産を伝えるために
--文化財保護の将来像/渡邊明義

特集
市民参加で文化財保護の30年/米山淳一((財)日本ナショナルトラスト事業課長)

年表
文化財保護関連年表