日本の国宝 104号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

日本の国宝 104号

定価:586円(税込)
表紙:厳島神社摂社客神社祓殿 撮影・井手三千男
発売日:1999年2月16日
  104号 

品切れ・再販未定

テーマ編/国宝の建築
1300年前の飛鳥時代に創建された法隆寺、世界最大の木造建築・東大寺大仏殿----。日本には時代を超えて伝わる数多くの優れた古建築があります。寺社建築とともに住居の歴史もたどります。また、建築を飾る彩色や障壁画、日本独自の発達をした大工道具についても考察します。

国宝に見る日本建築の流れ/鈴木嘉吉(前奈良国立奈良文化財研究所長)

神仏のための建築……寺社建築の歴史 鈴木嘉吉
(一) 日本建築の原点
(二) 先進技術の輸入
(三) 仏教建築の日本化
(四) 中世の技術革新
(五) 装飾化の進展

人のための建築……中・近世の住居の歴史/西 和夫(神奈川大学教授)
(一) 鎌倉時代以前の住居
(二) 中世の住宅
(三) 近世の住宅

コラム
寺社建築の彩色装飾/中村雅治(文化庁建造物課主任文化財調査官)
建築と障壁画/西 和夫
特色ある日本の大工道具/渡邉 晶(竹中大工道具館学芸課長)