日本の国宝 108号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

日本の国宝 108号

定価:586円(税込)
表紙:東大寺文書(黒田荘悪党人縁者落書交名<部分>) 東大寺蔵撮影・桑原英文
発売日:1999年3月16日
  108号 

品切れ・再販未定

テーマ編/国宝の書跡・古文書
日本人の記述した国書、その古写本、中国から伝わった漢籍や経文、そして、古文書、古記録など。どのような目的で書かれたか、その筆跡からうかがいしれる当時の風習、また、現在では復元することが不可能な美しい料紙……。書に凝縮された文化の粋に触れてみましょう。

書道史からみた日本の書跡/古谷 稔(東京国立博物館美術課長)
歴史のなかの典籍・古文書/久保田 淳(白百合女子大学教授)
古筆の文化史/小島孝之(東京大学教授)
古写本のもつ意味/久保田 淳

コラム
書が伝える紙の文化/湯山賢一(京都国立博物館学芸課長)

年表
書跡・古文書関係国宝年表