南朝研究の最前線

このエントリーをはてなブックマークに追加

立ち読み

amazon kindle電子書籍のご購入

トップ

南朝研究の最前線

ここまでわかった「建武政権」から後南朝まで

日本史史料研究会 監修 / 呉座 勇一 編集 

ISBN:9784022620347
定価:924円(税込)
発売日:2020年11月6日
A6判並製   352ページ 

近年、急速に進展した研究から、〈建武政権・南朝は武士を優遇していた〉、〈室町幕府は「南朝の合体」以後も"南朝の影"に怯え続けた〉など様々なことがわかってきた。一次史料を駆使し、南朝=特異で非現実的な政権という定説を覆す。

【目次より】
はじめに――建武政権・南朝の実像を見極める

第1部 建武政権とは何だったのか
1 朝廷は、後醍醐以前から改革続きを読む

amazon.co.jp

楽天ブックス

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。
ご注文はお近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)でも承ります。

このサイト内の関連商品

“日本史史料研究会”の著作一覧  

“呉座 勇一”の著作一覧