仏教を歩く 21号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

仏教を歩く 21号

定価:576円(税込)
表紙:奈良・長谷寺の登廊
発売日:2004年3月2日
  21号 

品切れ・再販未定

万人のために懺悔する

覚鑁と[真言密教] かくばんとしんごんみっきょう
弘法大師空海が死んで約300年後、平安時代末期に登場した覚鑁は、「真言宗の中興」といわれている。幼い頃から弘法大師を崇敬し、大師の教えの再興をひたすら願い、大伝法院を開創するなど、高野山の改革を行おうとした。しかし、彼の改革は、反対派によって暗礁に乗り上げる。願い破れた覚鑁は、根来山(のちの根来寺)に移り、そこを本拠地として、自らが派祖となった「新義真言宗」に思いを託すことになるのだが……。現在、覚鑁の名前を知っている人はあまりいない。宗祖の弘法大師空海が偉大すぎて、その陰に隠れてしまっている感が否めないのである。「興教大師」と呼ばれる覚鑁が寄せた真言密教再興の思いに迫る。

巻頭法話 仏教への誘い 第21話「六波羅蜜」(下)/瀬戸内寂聴

覚鑁とはどんな人?
衆生の罪を懺悔し続けた聖者/宮坂宥勝
■イラスト 覚鑁交友録
■覚鑁 教えの広がり
>密教に浄土信仰を取り入れ、独自の教学が始まる/吉田宏晢
■覚鑁のあゆみ

覚鑁のことば
人の世の「悲しみ」を歌に詠む/吉田宏晢

覚鑁ゆかりの旅
根来寺 大塔そびえる覚鑁密教の郷/編集部
◆境内マップ・周辺図・主な年中行事
この地のおすすめ 根来塗
◆名僧の遺産
不動明王坐像/中川委紀子
智積院 法灯守る東山の専門道場/編集部
長谷寺 観音信仰が息づく花の山寺/編集部
[仏教 見る・聞く・ふれる]
高尾山仏教ハイキング/岡田彩佑実
密教の核心「梵字」に親しむ/児玉義隆
霊気を呼吸し、仏と一体になれる!高野山で体験 密教の瞑想法「阿字観」/井上理津子

■連載■
真鍋俊照の「仏教アートへようこそ」(21)
観音さまの功徳に与る西国三十三観音霊場/真鍋俊照
梅原猛の新「授業・仏教」第21講
覚鑁 空海仏教を研究し広めた真言宗中興の祖/梅原 猛
週刊お遍路さん(21)
愛媛県6日日 横峰寺/小野庄一
典座さんの食べる仏教(21)
ゆばの茶巾ずし/藤井宗哲・まり
暮らしの仏教Q&A(21)
お墓の話/佐藤達全
仏教聖地巡り(21)
アユタヤ(タイ)/田村 仁