世界の文学 105号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

世界の文学 105号

定価:586円(税込)
表紙:傳抱石画『杜甫像』、1959年。南京博物院蔵
発売日:2001年7月17日
  105号 

品切れ・再販未定

中国編
「杜甫、李白」ほか
<唐詩から宋詩へ>
 「国破れて山河あり」と詠った杜甫。月と酒を友に放浪を続けた李白。玄宗皇帝と楊貴妃の悲恋物語『長恨歌』で人気流行作家となった白居易。そして文人詩人の蘇軾。唐から宋へかけて活躍した詩人たちは、心の目で万物を捉え、詩に詠いました。

詩を作ることは、世界を創造する行為に匹敵する。/大野修作(京都女子大学教授)

杜甫
異常なまでの表現魔/加藤国安(愛媛大学教授)

韓愈
難解さは個性の表れ/赤井益久(國學院大学教授)

書くことの発見/大野修作

柳宗元
辺境に美を発見す/松本 肇(筑波大学教授)

白居易(白楽天)
親しみやすさが生んだ人気/澤崎久和(福井大学教授)

<センター>『早春図』/大野修作

李白
月を伴侶とした詩人/市川桃子(明海大学教授)

李商穏
恋歌としての無題詩/■ 満江(杏林大学助教授)

蘇軾(蘇東坡)
芸術を愛したマルチ詩人/池澤滋子(中央大学助教授)

北宋の文人集団/東 英寿(鹿児島大学助教授)

李清照
宋代きっての女流詩人/中原健二(佛教大学教授)

文学小事典

男うた女うた105 囚われの身/馬場あき子(歌人)
文学を旅する105 屋久島/小松健一(フォトジャーナリスト)
マンガ 超誤訳・世界文学全集105 杜甫/高橋春男
書物との付き合い史9 呪われた製本?/高宮利行(慶應義塾大学教授)

編集委員
安 宇 植(桜美林大学国際学部教授)
池内 紀 (ドイツ文学者)
池澤夏樹(作家)
池田 修 (大阪外国語大学教授)
井波律子(国際日本文化研究センター教授)
上野洋三(国文学研究資料館教授)
牛島信明(東京外国語大学教授)
鹿島 茂 (共立女子大学文芸学部教授)
樺山紘一(東京大学文学部教授)
川村 湊(文芸批評家、法政大学第一教養部教授)
川本三郎(評論家)
喜志哲雄(京都大学文学部教授)
沓掛良彦(東京外国語大学教授)
小森陽一(東京大学教養学部教授)
佐佐木幸綱(歌人、早稲田大学政経学部教授)
高山 宏(東京都立大学人文学部教授)
巽 孝之(慶應義塾大学文学部教授)
徳田和夫(学習院女子短期大学教授)
徳永宗雄(京都大学文学部教授)
沼野充義(東京大学文学部助教授)
野谷文昭(立教大学大学教育研究部教授)
三田村雅子(フェリス女学院大学文学部教授)
宮下志朗(東京大学教養学部教授)
リービ英雄(作家、法政大学第一教養部教授)
和田忠彦(神戸市外国語大学教授)