週刊街道をゆく 49号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊街道をゆく 49号

定価:586円(税込)
表紙:弓ケ浜から望む夜明けの大山
発売日:2005年12月20日
  49号 

品切れ・再販未定

因幡(いなば)・伯耆(ほうき)のみち

鳥取県

核心抄録

「伯耆の人気は、因幡とは別趣のものらしい」

「街道」を読み解く(49)梨、白兎、石灯籠のモノ語り/松本健一
ひと目でわかる 『街道をゆく』ルートマップ

因幡・伯耆のみち 抄録1

「因幡国は、主として千代川一川の流域より成っている」

その文化 因幡の国守としての大伴家持/中山和之

その民俗 医師・吉田璋也が推進した鳥取民藝運動/尾崎麻理子

因幡・伯耆のみち 抄録2

「名和一族の数奇な運命はこのときからはじまる」

その歴史 後醍醐天皇の決起に参じた名和長年/新井孝重

その人物 亀井これ矩 海外へ眼を向けた鹿野城主/長岡健二

因幡・伯耆の道 抄録3

「ここに神仏習合の修験の徒がこもるようになり、『大山』を呉音で『大山』と音ずるようになった」

コラム 修験者への畏敬と天狗信仰/藤谷実道

リレー紀行(49)
道浦母都子がゆく「因幡・伯耆」

絣の美に魅せられて


[エッセイ]

司馬さんの風景(49)因幡・伯耆の人国記 上田正昭


「街道」の植物(22)マコモ 木原 浩


[連載]

黒鉄ヒロシの「街道」名場面(49)山中鹿之介の戦い


「街道」小事典


「街道」アルバム 人間への並はずれた好奇心


旅情報 街道を旅するために


司馬さんの参考文献(49) 『群書類従』内田忠賢


「街道」が書かれた時代