歴史道 Vol.18

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ

週刊朝日MOOK

歴史道 Vol.18

ISBN:9784022779229
定価:930円(税込)
発売日:2021年11月6日
A4変判   無線綴じ  Vol.18 

amazon.co.jp

楽天ブックス

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。
ご注文はお近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)でも承ります。

完全保存版 卑弥呼と邪馬台国の謎を解く!

表紙画/ヤマモトマサアキ


◆古代日本と東アジアの動向がひと目で分かる!

卑弥呼と邪馬台国~ヤマト王権「ビジュアル年表」


◆卑弥呼は神功皇后か!? アマテラスか!?
『古事記』『日本書紀』に登場する人物なのか!?
最新研究でここまで分かった!

卑弥呼の正体 果たして誰だったのか?

◆若くして女王となり、長寿だった?
千人の侍女が仕えていた?
他人に決して姿を見せなかった?――etc.

女王・卑弥呼の知られざる暮らしと仕事


◆神のお告げを託宣し、民衆を惑わした巫女だったのか?

卑弥呼の「鬼道」の実態に迫る!

◆邪馬台国への道順、倭人の風俗、曖昧な所在地、……
『三国志』研究の第一人者がズバリ解き明かす!

『魏志倭人伝』が伝える邪馬台国の虚と実

◆「畿内か!? 九州か!?」はたまた全く別の場所なのか!?
古今続く論争に決着を付ける「決定的証拠」とは!?

邪馬台国はどこにあったのか?


◆卑弥呼の館や墓は、奈良県桜井市に存在したのか!?
邪馬台国最有力地の最新研究成果を一挙公開!

「畿内説」 を裏付ける纒向遺跡と箸墓古墳の謎

◆『魏志倭人伝』の記述、
そして弥生遺跡の新発見がズバリ指し示す「九州説」の根拠!

邪馬台国は北部九州の〝クニグニ〟の集合体だった!

◆鉄器、鏡、古墳とともに政権も九州から大和へと移動したのか?
データで徹底検証!

「邪馬台国東遷説」 の真実

◆農耕、食生活、住居から意外に厳しい身分差まで
庶民の生活の全貌に迫る!

邪馬台国の暮らし大全

◆大陸との接触・交易・内紛・対外戦争のすべてを
「九州説」に基づいてズバリ解説する!

邪馬台国の外交と戦争


◆卑弥呼は暗殺されたのか?
なぜ13歳の少女が新たに擁立されたのか?
台与も「鬼道」を用いて政治を行ったのか?

“卑弥呼”死後の争乱と新女王・台与の治世


◆『古事記』『日本書紀』にも一切の記述がない
「空白の4世紀」に隠された真実を解き明かす!

邪馬台国は果たしてヤマト王権だったのか?

インフォメーション
プレゼント・アンケート
次号予告・バックナンバー購入のお知らせ
歴史道別冊スペシャル 緊急告知!