纏足をほどいた女たち

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ

纏足をほどいた女たち

夏 暁虹 著 / 藤井 省三 監修 / 清水 賢一郎 訳 / 星野 幸代 訳 

ISBN:9784022597038
定価:1512円(税込)
発売日:1998年6月10日
四六判   264ページ  選書603 

纏足(てんそく)とは約10cmに足を縮める中国女性の風習。19世紀末期、足をしばる布をほどき、新型の靴をはき、自ら歩き始めた女たちがいた。建国に目覚めた中国近代の女性たちの大きなうねりを、新資料を基にいきいきと描く。

紀伊国屋書店

honto

TSUTAYA online

のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。
ご注文はお近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)でも承ります。

このサイト内の関連商品

“朝日選書” シリーズ一覧  全件表示する

“夏 暁虹”の著作一覧  

“藤井 省三”の著作一覧  

“清水 賢一郎”の著作一覧  

“星野 幸代”の著作一覧