週刊街道をゆく 1号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊街道をゆく 1号

定価:419円(税込)
表紙:西土佐村から北方の檮原町方面を望む
発売日:2005年1月18日
  1号 

品切れ・再販未定

私にとっての旅 司馬遼太郎

檮原街道 高知県

核心抄録
「これからは、オラ・オマンでいこう」

「街道」を読み解く(1)志士を抱きとめた檮原の土地/松本健一
ひと目でわかる 『街道をゆく』ルートマップ

檮原街道 抄録1
「幕末、思想の自由を得るためにひとびとは脱藩した」

その歴史 竜馬ら志士たちを脱藩に駆りたてたもの/松岡 司
その人物 坂本龍馬──土佐に残した家族への想い/宮川禎一

檮原街道 抄録2
「津野氏は、中世土佐の名族だった」

その歴史 津野山郷の自然が育んだ気高い志/広谷喜十郎

檮原街道 抄録3
「これは中世絵巻の世界です」

その文化 神々が降り立つ里の民俗/坂本正夫
コラム 海と山の国が生んだ幕末土佐の風土


リレー紀行(1)
沢木耕太郎がゆく「脱藩の道」 峠を越える

[エッセイ]
司馬さんの風景(1)まぶしかった土佐/陳舜臣
私のこの一冊(1)『殉死』篠田正浩

[連載]
黒鉄ヒロシの「街道」名場面(1)竜馬脱藩

「街道」小事典
旅情報 街道を旅するために
「街道」アルバム 大歓迎に苦笑
司馬さんの参考文献(1)『宮本常一著作集』内田忠賢
「街道」が書かれた時代