週刊街道をゆく 2号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊街道をゆく 2号

定価:586円(税込)
表紙:白鬚神社の大鳥居
発売日:2005年1月25日
  2号 

品切れ・再販未定

湖西のみち 近江散歩 滋賀県

核心抄録
「日本民族はどこからきたのであろう」

「街道」を読み解く(2)永遠に失われた日本人の原郷/松本健一
ひと目でわかる 『街道をゆく』ルートマップ

湖西のみち 抄録
「近江からはじめましょう」

その風土 渡来人の都、大津の繁栄/朴 鐘鳴

近江散歩 抄録1
「幅五〇センチほどの溝がある。それが国境線だった」

その風土 近江商人を生んだ豊穣の土地/今谷 明
その人物 外村 繁──信心に生かされて生きた小説家/久保田暁一

近江散歩 抄録2
「薄が生いしげって、いかにも古戦場といった粛殺とした気分がある」

その自然 生きた琵琶湖をとり戻すために/今森光彦


リレー紀行(2)
黒川創がゆく「琵琶湖」 「淡海」の郷土を通って

[エッセイ]
司馬さんの風景(2)湖西のみちの淋しさの響き/辻井 喬
私のこの一冊(2)『王城の護衛者』/野坂昭如

[連載]
黒鉄ヒロシの「街道」名場面(2)消えた信長

「街道」アルバム 城と司馬さん
旅情報 街道を旅するために
司馬さんの参考文献(2)『信長公記』内田忠賢
「街道」が書かれた時代