週刊街道をゆく 3号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊街道をゆく 3号

定価:586円(税込)
表紙:大内宿
発売日:2005年2月1日
  3号 

品切れ・再販未定

白河・会津のみち 福島県

核心抄録
「東北は単独ですでに偉大なのである」

「街道」を読み解く(3)憧れとしての陸奥から幕末の会津へ/松本健一
ひと目でわかる 『街道をゆく』ルートマップ

白河・会津のみち 抄録1
「峠の追分に達したとき、心の中の奥州がふたたび大きくなった」

その歴史 東北は「宝の山」であり続ける/河西英通

白河・会津のみち 抄録2
「彼女は天才である以上に奇跡のようなかがやきをもっている」

その人物 山下りん 葛藤とともに描かれたイコン/鏑木道剛
その文化 徳一がつくりあげた会津仏教文化/若林 繁

白河・会津のみち 抄録3
「歴史のなかで、都市一つがこんな目に遭ったのは、会津若松市しかない」

その風土 悲劇をもたらした会津藩「家訓」/中村彰彦
その人物 松平容保 死してなおいいたかったこと/中村彰彦


リレー紀行(3)
赤坂憲雄がゆく「白河・会津のみち」 道の「奥」への入り口で

[エッセイ]
司馬さんの風景(3)「鳥の眼」から「虫の眼」へ/長部日出雄
私のこの一冊(3)『翔ぶが如く』/山下洋輔

[連載]
黒鉄ヒロシの「街道」名場面(3)会津の悲運

「街道」小事典
「街道」アルバム 東北びいき
旅情報 街道を旅するために
司馬さんの参考文献(3)『延喜式』内田忠賢
「街道」が書かれた時代