週刊街道をゆく 21号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊街道をゆく 21号

定価:586円(税込)
表紙:夕映えの道(深川市)
発売日:2005年6月7日
  21号 

品切れ・再販未定

北海道の諸道 北海道

核心抄録
「(これはすごい文化だ)と思わざるをえなかった」

「街道」を読み解く(21)「アイヌの住む異境」から「日本の新領土」へ/松本健一
ひと目でわかる 『街道をゆく』ルートマップ

北海道の諸道 抄録1
「ただ地面があるだけの北海道に−−」

その風土 北海道開拓の光と影/河西英通
その人物 関 寛斎 理想求め、鍬をふるった七十二歳/斎藤省三

北海道の諸道 抄録2
「鍛冶のいやらしさに、『和人』というものの象徴を見る」

その文化 蝦夷錦、五〇〇〇キロの道のり/中村和之
その歴史 中世「和人」世界−−その様相/松崎水穂


北海道の諸道 抄録3
「それほどにこの若い神父は嘉兵衛という人物が好きであった」

その歴史 荒波に砕かれた開陽丸/藤島一巳


リレー紀行(21)
谷村志穂がゆく「函館」
時の感覚失う街

[エッセイ]
司馬さんの風景(21)弱い者へのシンパシーに溢れた旅 辻井 喬
私のこの一冊(21)『竜馬がゆく』 阿藤 快

[連載]
黒鉄ヒロシの「街道」名場面(21)高田屋嘉兵衛が見たロシア

「街道」ギャラリー
旅情報 街道を旅するために
司馬さんの参考文献(21)『日本幽囚記』 内田忠献
「街道」が書かれた時代