週刊街道をゆく 27号

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

週刊街道をゆく 27号

定価:586円(税込)
表紙:種子島・千座の岩屋
発売日:2005年7月19日
  27号 

品切れ・再販未定

種子島みち

鹿児島県

核心抄録

「鉄砲の出現は、山城を無用にした」

「街道」を読み解く(27)鉄の島に鉄砲が伝来する「おもしろさ」/松本健一
ひと目でわかる 『街道をゆく』ルートマップ

種子島みち 抄録1

「室町期の種子島は、島をあげて鉄と鉄の鍛製品をつくっていたのではないか」

その歴史 鉄炮伝来のルートをさぐる/藤本正行

その人物 津田監物 紀州大鉄砲集団の源流/太田宏一

その歴史 種子島の製鉄 海の道を往来した人と技術/鮫島安豊

種子島みち 抄録2

「沖のほうに、馬毛島が、本島の種子島に寄り添うようにして浮かんでいる」

その人物 田上権蔵 桐野利秋を斬ろうとした種子島武士/井元正流

種子島みち 抄録3

「米がとれる島という価値は、想像しがたいほどに大きかった」

その風土 赤米神事と種子島の農耕/下野敏見

コラム 発掘された3万年前の生活跡/橋口尚武

リレー紀行(27)
佐々木譲がゆく「種子島みち」 

「技術」が近世を開いたみち


[エッセイ]

司馬さんの風景(27)「法螺吹き」ピントに注目 森浩一


[連載]

黒鉄ヒロシの「街道」名場面(27) 「わかさ姫」伝説


「街道」小事典


「街道」アルバム 「日本一の作家」が見たアッキー様


旅情報 街道を旅するために


司馬さんの参考文献(27) 『日本言語地図』内田忠賢


「街道」が書かれた時代